2009年07月16日

志望動機は、足で書け!!

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。
16日から、キリンとサントリーのニュースで大騒ぎですね。

公正取引委員会もビックリでしょう。。。

キリン・サントリー:経営統合交渉 公取事務総長「詳細に審査」
 公正取引委員会の松山隆英事務総長は15日の定例会見で、
キリンホールディングスとサントリーホールディングスの
経営統合交渉について「日本を代表する大企業同士の統合事案であり、
慎重、詳細な審査が必要になる」と述べた。

 独占禁止法は市場の公正な競争を阻害する統合や合併を禁じている。
大企業間の統合の場合、事前に公取委の審査を受ける必要がある。

 ビール業界は大手4社がシェアを独占してきた「寡占的市場」(公取委)で、
2社の統合が実現すれば、一気に50%近いシェアを握る。


我々のような最終消費者としては、
大企業同士の合併はそんなに被害を受ける気はしませんが、
下請けさん達は真っ青ですよね。昨日の敵は今日の友♪って、
そんな簡単にはいかないぐらいの熾烈な戦いをしてきたでしょうに。

最近、こんな感じの合併騒ぎが相次いでますが、、、
就職活動生としては、いつ何が起きてもいいように、
相手に合わせて自分を変える志望動機と、
自分を中心に相手を置き換える志望動機と両方を使い分けて、
・・・というか、両方を 50% & 50% の状態で、
作っていくことが必要なんでしょうね。

簡単じゃないですけど、
志望動機は相手へのラブコールですから、
片方の感覚だけで「適当に」書いてしまっては、
相手に伝わるわけがないですから。悩んで悩んで、オリジナルを!


とことで、先日、こんなビールを家の近くの中華料理屋で飲みました。

CA390058.JPG

キリンハートランドビール。。。

結構、昔からあるビールらしいんですが、、、私は知りませんでした。

こういう、ちょっとした商品が、
統合の余波で消えてしまうのはさみしいですね。
こんな感覚からも志望動機って書けるかもしれません。

とにかく企業のニュースに耳を傾けたら、
町にでて、現場の声や現場のサービスに、
目を傾けてみることですね。いろいろ見えてくると思います。

志望動機は、足で書け!!ってヤツですね。




posted by 就職エージェント熊沢 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。