2009年08月16日

ジャックと豆の・・・最終章

こんばんは。

結婚式を終えて、自宅に帰ってくると、
育てていたベランダの豆の木に、実がなっていた。
8月5日に入籍したのだが、そのときは、まだ実がついていなかった。

入籍.jpg
<最寄の区役所にて。>

妻になってくれた人に、6月4日の誕生日に買ってもらったものだ。
枝豆を発見したのが、昨日の8月15日だから、
実がつくまでに2ヶ月かかったことになる。

CA390081.jpg
<8月5日入籍日の枝豆>

この「実がつく」「実になる」という状態に挙式後に気づいた・・・
と、タイミングが良くて感慨深いものがあった。

ながく同棲をしていたも、入籍・挙式までには色々あったし、
それを乗り越えてやっと実になった…そんなものの象徴のようで、
「実になったら、茹でて塩かけてビール・・・」
と立てていた作戦を実行には移せなかった。

CA390114.jpg
<8月15日の枝豆!ついに実が!>

就職活動も本気を出してからどうしても、2ヶ月はかかると思う。
就職エージェントを利用する学生さんでも、
どんなに旨くしても、1ヶ月はかかる。
しかも、それは就職エージェントにくるまでに、
それなりの準備のしていた子達である。

これから、就活に臨む3年生も、
まだまだ!と踏ん張りなおす4年生も、
風雨にさらされ、夏の日差しに汗をかき、
なんども、「なにくそ!」と思わなければ、
本当の実なんかつかない・・・ということを、
就職活動で学んで欲しいと思う。

大学生活では、スポーツをやっていたり、
目標をもって勉学に励まなければ、
なかなか生まれない感情かもしれないが、
それこそが、成長という変化を自分にもたらしてくれる宝物だ。

変化を拒むと、進歩できなくなってしまうから・・・。

その一念を胸に、絶えず自分に水をやり続けることでしか、
きっと実はついてくれないだろうから。。。



posted by 就職エージェント熊沢 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。