2009年08月18日

水谷監督!!最高のふるすまいる!!お疲れ様でした!!

今夜は帰宅後、自宅で熱湯甲子園!に噛り付いた。
ごひいきの横浜隼人高校が花巻東高校と試合をしたからだ。

ごひいきの理由は、監督さんが知り合いだということと、
チームマネージメントに私の好きな種類の手法を用いていたからだ。

監督さんは、水谷監督。

私が時々、参加する神奈川の社会人勉強会にいらっしゃる方だ。
・・・といっても、毎回十数人の会なので、距離が近い。
私が理事を務めるNPOにも、参加をしてくださる。

勿論、勉強会でもNPOでも、野球の技術が磨けるわけではない。
監督として、いや、一人の社会人として見識を広げようと、
なさっているわけだ。私の印象は、とにもかくにも、
「なんて全力な笑い方をする人なんだろう・・・」ということだった。

そして、このチームのチームマネージメントのテーマは、笑顔!!

帽子のツバにも、それを書き込んでいて、
苦しかったら、笑おう!緊張したら、笑おう!というものだった。
それが番組で特集されていて、画面から高校生の笑顔がこぼれまくる・・・。

まさに、フルスマイル思想・・・。

試合の結果をダイジェストをみていて感じたのは、
なんか学生がノビノビとやっているな〜ということだ。
相手の花巻東も一緒で、(テーマは笑顔でなくても、)
非常に野球を楽しんでいるし、感情を全面に出しながら試合をしている。

なんだか、昔みた「高校球児は、口を真一文字にして、うさぎ跳び。。。」と
いうイメージが、まったくなく、監督がベンチ裏で選手を殴っているような、
熱血スポ根とは、180度逆の空気が流れていた。

ふと不思議に思い、少し考えて、
その後、これが時代なんだろう・・・そう納得をした。

選手を管理監督するわけではなく、選手を認め、個々の自立を促す。
まるで、ルーキーズだ。

そんな形のチームマネージメントが、
選手の能力を引き出し、試合を作っていく。

現代っ子のマネージメントは、そんな感じがフィットするのかもしれない。

隼人高校は、結局負けてしまったが、最後のバッターが、
最後の一球を待つ時に見せた笑顔が、私の心には、
ボルトの世界新記録より、ジックリ残った・・・。

水谷監督!!最高のふるすまいる!!お疲れ様でした!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。