2009年08月21日

2次会には、いかぬ!

今夜は暑気払いであった。
「久々に社員一同、約30人で飲む夏の会。」

スタートが20時半だったのに、
私が上司と後輩2人と会社を出たのは、21時。

そしてタクシーでお店に着いたときに、会場にいたのは5人。
残りのメンバーは、「ぎえー!仕事が終わらねー!!」と、まだ社内。
結局、最後に社長が到着したのは22時近かったのではないかと思う。

しかし、仕事が大好きな社員達だ・・・。
これは、賛否両論あるし、幹事には申し訳ないが・・・。

ところで、私は結婚式をはさんで、
クオリティーオブライフの常見氏の本を2冊読んだ。


朝活.jpg
就活格差!.jpg

一冊目は「人生を変える『朝活』」
二冊目は「就活格差」


頭ではなく心で読め、参考になることばかりで刺激的であった。
両方とも、仕事が大好きな会社の同僚にオススメしたい。

個人的には一冊目の中に、「飲み会の2次会にはいくべきではない」という
ワンセンテンスがあって、感銘を受けた。

理由は、どうせ一次会と同じ話をしているから、時間と金の無駄だ。

という話だったと記憶している。
これは、私なりに下記の解釈で心に響いた。

20代の頃は、体力が有り余っていて、ストレスにまみれているので、
1度アルコールを体に入れると、暴れないと帰れない・・・という感覚があった。
でも、30代になってからは、2次会では暴れるよりも、
静かに飲みなおすことが多くなった。・・・これが無駄なのだ。

静かに飲みなおす(特に、終電が行ってしまった場合に多い)なら
早く帰って、同じメンバーで一ヵ月後に飲みなおしたほうが、
実のある話が出来る。

もっと言うと、それをしないと、翌日の朝の時間が死ぬ。

これを理解した時に、「よし・・・2次会からは卒業だ!」と誓った。

が・・・

今回の暑気払いが、私の中で終了したのは、朝の・・・だった。
その後、電車で行ったり来たりして、うまく目標の駅に降りられず、
家に帰ったのは8時・・・。曖昧な私の泥酔の記憶だが・・・。

なかなか誓いとは、思うようには行かないモンである。
私の超拡大解釈だが、飲み会は集団行為なので、場の空気を考えると、
どうしても行かなくてはいけない2次会は存在する気がする。。。

でも、せっかくの誓いなのでこだわってみたいと再度思って、
誓いを一部、修正することにした。

<翌日が「平日の」飲み会は、2次会にはいかないことにする。>

今後、平日に私を誘ってくださる関係者各位、
とくに、月曜日にお酒の予定が入っている日経BPのH氏!
25年前から友人であっても、、、アナタとの2次会はないぞ!!

H氏がこのブログを読んでいるかどうか?は、不明だが、
私の心には、しかと刻まれた新たな誓いである!!



posted by 就職エージェント熊沢 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。