2009年08月28日

7月の雇用悪化、求人倍率は最低の0.42倍

7月有効求人倍率は0.42倍、過去最低を更新

 [東京 28日 ロイター] 厚生労働省が28日に発表した
7月有効求人倍率(季節調整値)は0.42倍で、
前月比0.01ポイント低下し、過去最低を更新した。
ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は0.43倍だったが、
それを下回った。 

 正社員有効求人倍率は0.24倍となり、
前年同月を0.29ポイント下回った。
有効求人数(季節調整値)は前月比0.5%減、
有効求職者(同)は前月比1.8%増となった。



おいおい・・・どこまで行くんだ・・・という感想。

大学生が想像しているより、世の中は貧しく、
大学生が予想しているより、世の中は厳しい。

企業はバンバンと人を切り、失業者が増えるばかり。
新入社員たちは、仕事がつらくても、
「やめる」という判断ができず、鬱になっていく・・・

ものがあふれていても、
笑顔で働けない職場があふれている国は、豊かな国ではない。

http://www.nikkei.co.jp/keiki/shitugy/

色々なサイトをみたが、このサイトが一番見やすいと思う。

この記事の下の「記事一覧」を見て頂きたい。
過去のトピックスが一覧になっていて、
ニューストピックの話題がどんどん厳しくなっているのがわかる。


さて、この環境下での就職活動生は、
「なにくそ!」と、前向きな力を取り戻せるか・・・。

取り戻した人は戦い直せるし、
他の責任にしている人は、戦いの場にも出られない。

そんな時代か。。。


posted by 就職エージェント熊沢 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。