2009年10月08日

緊急雇用対策10月中に策定へ、菅副総理 若者支援軸

ごぶさたしております。
就職エージェント 熊沢です。

いやー、ながらくブログを書いておりませんでした。
さすがに一ヶ月ですので、再開したいと思います。

プライベートで大きなイベントを抱えていて、
日々の業務外のプロジェクトも別で一つ動かしているので、
もうブログどころではなかった・・・というのが私の言い訳ですね。

この約一ヶ月の期間だけで、いったい何人の4年生と
大学の中で話をしたかわかりません。「熊沢さんなんとか・・・」と
大学のキャリアセンターの方々に呼んで頂いて講演をさせて頂いたり、
個別の相談を日に何人も受けたりして、学内で4年生と話をしました。

何か力になれないか・・・と頭をひねりますが、
無力感にどっぷりつかって帰社します。

会社に帰ってくれば、4年生の相談している姿で一杯の
カウンセリングルームと翌日以降のスケジュールボードの予約です。

今日も社内で4年生を採用している会社様を多くお呼びしての
イベントをやりましたが、この交通機関の状態でも
数えきれないほどの4年生が朝一番から集まります。
北海道から来た・・・なんて学生さんもいました。

なんとか、終わって一息ついて4時半です。

どうなってしまうのでしょう・・・この4年生の波は。。。

>鳩山さーん。

年に、6万人〜8万人増の未就職者が世に出ると言われる今期。
このままでは、4年たったら、もういちど政権交代ですよー。

私が師匠の一人としてお付き合いさせて頂いている
.jp佐藤大吾さんいわく、

「凍結します、やめます」とやってるうちは
派手に見えるし、評価も高いと思います。
しかし本当に大切なのは、「何に投資するか」ですね。


若年者労働も国の未来を占う重要なファクターだと思いますが・・・

いかがでしょうか。


 菅直人副総理兼国家戦略担当相は2日、
雇用情勢の悪化に歯止めをかけるため、
月内にも「緊急雇用対策」を策定する方針を固めた。
医療、介護など社会保障分野や若年者の雇用支援などが軸。
週明けから長妻昭厚生労働相と調整に入り、
月内に予定される臨時国会までに具体的な雇用対策を閣議決定したい考えだ。
 菅氏は、鳩山内閣で雇用問題を担当している。
緊急雇用対策として、厚労省では休業手当の一部を助成する
「雇用調整助成金」の要件の緩和や、介護労働者の賃金を
月額4万円引き上げる案などが検討されている。

民主党がマニフェストに盛り込んでいる失業者に対する職業訓練の充実や、
すべての労働者への雇用保険の適用などの早期実施も検討する。
 雇用対策の財源については、現時点では予備費の活用や
既存予算の流用で対応する方向。
ただ、事業規模が膨らむ場合は今年度2次補正予算の編成も視野に入れている。
 総務省が2日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は5.5%で、
過去最悪だった前月から0.2ポイント改善した。

しかし、業績の立て直しを進める自動車や電機など主力産業の多くは
依然として採用意欲が乏しく、年末から年明けにかけて失業率が
6%に達する可能性もある。

 このため菅氏は年末にも対応できる雇用対策の策定が必要だと判断した。

近く緊急の雇用対策に盛り込むメニューづくりを各省に指示する。
必要に応じて、雇用問題に関する閣僚委員会を発足させる。





posted by 就職エージェント熊沢 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。