2009年12月18日

不況就活のリアル

こんにちは。
今日は、読売新聞社さんがいらっしゃいました。

集金じゃないですよ。取材ですよ。

四年生向けのイベント(今日は14社参加のミニ合説)には、
取材の問い合わせが相次ぎます。記事やニュースにもなります。

先日の産経新聞の記事がUPされていました。

中には、こんなマスコミの方々の取材が原因で、
内定を獲得した学生もいます。

それは涙涙の良い話ですが、その多くは、良い話ではなりません。


内定式が行われる10月1日から、今日まで、
就職エージェントに相談にきた4年生の人数は、
1000人を超えました。延べちゃないですよ。人数です。

就職活動をはじめた3年生は、ぜひ、
4年生の就職活動の実態に目をむけてほしいと思います。

苦しい話にこそ、本質があることもあります。
簡単に答えを求めようとせず、現実を直視することで、
自分の中からわき起こる気持ちに目を向けていきましょう。

キャリアを立てるとは、バーチャルの話ではなくリアルの話です。

バーチャルや理想や夢は、男脳を持っている人が得意な世界で、
女脳の人は、リアルを好む気がします。
クリスマスは、愛より、プレゼントを・・・。

バーチュルに興味があると、テレビゲームやマンガに嵌るし、
○○ナビで就活が出来ると思ってしまうかもしれないですが、
そんなことはないです。断じてないのです。


常にリアルな自分とリアルな社会と向き合ってほしいものです。

【凍える就活 内定率急落の現場】(1)一流国立大を出たけれど…







posted by 就職エージェント熊沢 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。