2010年01月14日

大学生内定率、最低の73%

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日のお昼は買ってきたお弁当を半分にしました。
その分、サラダ的なものを買ってきて、
お弁当に入っていたお肉のオカズは横によけて、キノコを中心に
モシャモシャ食べました。結構、満腹になった気分になるもんですね。

「そんな弁当食ってると死ぬぞ!!
この脂肪肝め!サラダだけ食っておけ!」


と席の後ろで役員の方が騒いでくださるのも愛の一言と・・・。

買ったお弁当を半分に・・・なんて飽食の時代ですね。
贅沢な話です。来週から買う時に考えます。

さて、時代と言えば。。。大不況時代です。

大学生内定率、最低の73% 文科省12月時点調査、下落幅も最大

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が、
昨年12月1日時点で前年同期より7.4ポイント低下し、
73.1%だったことが14日、文部科学省の調査でわかった。

調査を始めた1996年以降、過去最低で下落幅も過去最大。

今春高校を卒業する就職希望者の就職内定率も昨年11月末時点で
68.1%と、前年同期比で9.9ポイント下がったことが同日、
厚生労働省のまとめで分かった。

 文科省によると、大学生男子は前年同期比7.4ポイント減の73.0%、
女子は73.2%で7.3ポイント減少した。特に私立大の女子は
9.5ポイント減の69.0%で、大学の中で就職内定率が最も低かった。

 学校種別では、私立大の就職内定率が70.5%と8.5ポイント減。
4.6ポイント減の国公立大(80.7%)に比べ減少幅が大きかった。
短期大学の就職内定率は47.4%で9.5ポイント減少。


大不況が読めなかったとは言え、この下落率は、
ここ数年で採用しすぎだったのでは?と思いますね。

団塊の世代が抜けて、補てんするために取りまくった数年間が、
今回の大不況と同時に完全に終わったんでしょうね。
労働集約をして、ハイテクを使いながら、一人当たりの価値創造を
高めていく…いかねばならない時代に、なるのではないでしょうか?

ということは、企業は学生を採用しない!と言っているわけではなく
仕事をしない学生は採用しない!と言っているわけですね。
厳選採用になっていく・・・というわけですね。

厳選採用。厳選就職。(私も厳選昼食です。)

選び抜かれ、選び抜いていきましょう!!!





posted by 就職エージェント熊沢 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。