2010年02月06日

面接は価値観と価値観のぶつかり合い

今日は面接セミナーでした。
あまり早くから面接セミナーをやっても仕方がないので、
年明け一ヶ月、やっと実施できるコンテンツで、今期2回目ですね。

s-画像 003.jpg

結論から言うと、面接は価値観と価値観のぶつかり合いです。
自分が価値観を立ててないと、一瞬で敗北します。

そして、その価値観と価値観のぶつかりありの先に、
新しい価値観と信頼関係を手に入れられた時にだけ、
「合格」というチケットが手に入りません。

信頼関係が作れない場合に<御縁がなかった>とされるわけです。

わかりやすいものです。

ボコボコに殴り合って、最後に両者が立っている状態をつくり、
ドローに持ち込むか、自分に優位な判定に持ち込むか、
そのどちらかの状態が理想です。無傷での合格は有り得ません。

テクニックを磨いて相手の攻撃をかわすものでもなければ、
相手の守る門を突破するために門番(人事)を倒すために、
効果的な打撃や呪文を相手にぶつけるものでもありません。

自分の価値観をアウトプットするためには、
自分の価値観を確立する方向をヨワヨワしくてもみつけることです。

自分の価値観を確立するためには、自分の外側にある強烈な価値観に、
多く出会い、共感し(影響を受けて洗脳されることとは別)、
逆に拒絶(自分の価値観とは違うと認識)することです。

皆さんの周りには強烈価値観を確立している存在はいますでしょうか?

・友達にはいないでしょうね。
同じような価値観の人しか友達とよばないでしょうから。

(価値観の違う人は、空気読めないヤツ…とか言って、
 近くに置かず、好奇心も持たず、排除するのが常ですからね。)

・家族ではダメでしょうね。
幼少期から価値観を見せられている存在から受けたものは、
拒絶することはできず、それは教育とか躾とか言われ洗脳に近いです。

(かつ、最近の親は価値観を確立してないことすらあると聞きます。)

s-画像 021.jpg

他大の就活友達とのガッツリトークは、結構、気づきがあるものです。
もっと良いのは、OB訪問や企業回りで価値観まで、
聞きこむことですね。その個人や集団がビジネス界で生き抜くために
得た価値観は、皆さんを刺激してくれるはずです。

私は、それに加えて大学教授をお勧めします。

大学教授は価値観の塊です。

知識・学問という情報量を武器に、
集団に属さず、まるで個人事業主のように
思想と個性を光らせまくっている特殊な職業です。
正解か不正解か、善か悪かではなく、彼らは確実に価値観の結晶です。

今日、お邪魔したとある教授のOBOG会でも、
その先生の価値観に同調する多くの卒業生が集まり、
その先生をしたう多くの学生が交流を図っていました。

先生はお酒もすすんだからでしょうか。一年間を振り返り、
「大学生のキャリア教育をどうにかしたい、
 うまくいかないことも多くある。限界も現状も実力も認識している。
 それでも、やりたい。やらねばならない。自分がやらなくて、
 誰がやるのか。このままでは良いはずはない!」
と、
大勢の前でマイクをもって涙をしていました。

そんな価値観を前に、学生たちが価値観を磨かないわけがないですし、
同調するかしないか?は自由ですが、影響をうけるでしょう。

学生や集まった社会人達は、そこに共感するかどうかは別にして、
また自分自身を見つめたことでしょう。

この繰り返しが、自分の価値観を強め高めるんだと思います。
価値観にぶつかり、自分を見つめられない大学生時代など意味はなく、
それを経験してきたか?を企業の人事は問うわけですね。

今からでも遅くないです。

多くの人に会い、多くの言葉を自分の中から出し、
自分の価値観を確立して下さい。応援しています!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。