2010年02月16日

テーマは自己分析

今日は久々に生田講師のセミナーです。

テーマは自己分析です。

s-DSC_0214.jpg

いまさら…?と思う人もいるかもしれませんが、
自己分析は、就職活動中に、ずっと続けてやることです。

最後の最後までやり続けることです。
現実とぶつかって、傷ついて初めて自己分析が「本気」で、
はじまります。そこから自分の行動を選び始めるわけですね。

現実吟味をしなくてはならない毎日を迎えると初めて、
この自己分析が成果を出してきます。
やってない人は、ここで足を取られてしまいます。

第一希望はどこですか?

第一希望は○○会社です。


これが言えるようになるのが自己分析ではありません。

第一希望と第二希望と第三希望と、
全てがダメになったとしても見失わない自分はいますか?
その自分が、他人に対して生み出し続けられる価値はなんですか?

ということを考え抜き、
自分の言葉で伝えられるようになることが自己分析です。

そして、それは思い込みではだめです。
自分自身の世界観の中だけで編み出された言葉でもダメです。
周りの人から評価される状態になっていることが大切です。

自分が傷つけられた時、自分のことがカワイクて、
自分を攻撃から守ろうとする思考に走る人は、
運動会で転んでヒザコゾウから血が出てしまっているから、
立ち上がれない・・・
と泣いている小学校一年生と一緒です。

「泣くな!いや、泣いても良いけど涙を拭いて立ち上がれ!」

と、観客席から皆さんは声をかけるでしょ?
その時に自分の出せる価値に気付ける子は強いです。

 クラスのためにやるべきことは何ですか?そう、走ることです!
 それがクラスのためにやれる唯一のことだからです。

ではお聞きします。

10社落ちて、ボロボロになっている自分が3月末に誕生しても、
そこで涙を拭いて立ち上がって叫べる、動きだせる基準になる

「(社会や集団に対しての)アナタの価値は何ですか?」

これが自己分析です。これをやり続けないといけません。
絶対的な正解はありませんが、答えを生み出し続けないといけません。

最後の最後まで自己分析をし続けるのが、この時期です。

ひとりで答えが出なそうならば、
とにかく周りの人に声を掛けまくって、
色んな人と深い話をしまくってください。

こんな時代ですから、目の前の人事でも良いです。
足掻いて足掻いて下さい。奇麗な就活なんてないですから、
こっからはドブ板戦!ドロまみれ戦術です!頑張りましょう!!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。