2010年05月14日

四年生の就職活動

今日は、終日イベントを行いまして、14人の参加学生の自己PRを
聞きました。ひさびさの終日イベントに疲労困憊してしまいましたが、
ひとりひとり学生さんの真剣な目を見られて充実しました。

四年生の就職活動は、はっきりと三年生時代とは違ってきます。
それは、就活期間に入って長くなってきているので、
自分たちの目的や時間の過ごし方を見失ってしまいがちです。
なんども痛い目を見ていると、自分も見失ってしまいますからね。

自分と目的と時間の過ごし方を見失うと、それこそ五里霧中状態です。

今日のイベントは、それを取り戻すのに最適ですね。
毎回、学生さんのアンケートに書いてもらっていたのに、
あまりにもいつも見ていたので、その価値に慣れてしまっていました。

就職活動の目的は、自分を社会人レベルまで引き上げることです。
つまり、成長することですね。その許可書が内定書であるので、
内定書をめざすのではなく、成長を目指さないといけません。
自分と社会人との差は何なのか?を考えないといけませんね。

時間の過ごし方は、へろへろになるまで充実させるということですね。
学校の授業も減る手を抜きがちの4年生の生活を充実させる工夫を、
日々の生活の中に入れないとダレます。歯を食いしばり必死を感じ、
「充実って何か?」を忘れないようにしないといかんですね。
体力も減ってしまいます。例えば走るとか・・・効果的ですね。

最後は自分を見失わないようにするということです。

これは自己PRと自分認識に尽きます。
現実の自分と理想の自分のせめぎ合い・・・
四年生の就職活動は、この連続だと思います。

高みを目指さなければ、成長はありませんが、
高みを目指せば足元をすくわれ、何を言ってるかわからなくなる。。。
自己PRとは、現実認識と理想未来のアウトプットです。

今回の14名は、体育会経験が6名、アルバイト経験が6名、学業経験(奨学金制度)が2名と、実に堂々とした自己PRだったので、
そのPRの中のたち振る舞いや、プレゼンテクニックよりも、
心のありか方がよく見えましたし、アドバイスもそこに集中しました。

就職エージェントは四年生就活の心のあり方を感じられます。
数やデータではないと思います。数やデータも重要ですが。。。
ましてや、本に載っているような小手先のテクニックで、
内定や理想の新入社員が取れる時代ではないです。

学生さんも、企業の方々も、そこに意識がある方々と、
就職や採用のお話をしたいものです。

今後も、リアルに見える心を大切にしたいと思います。




posted by 就職エージェント熊沢 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートカットセミナー報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。