2010年05月21日

まれに見る気持ちの良いメール


近年、まれに見る気持ちの良いメールを貰ったので、
皆さんにご紹介です。

指折りの総合商社に内定をとった報告なんですが、
その「有名企業への内定」が気持よかったのではないです。

(そもそも、そこが第一希望か知りませんし・・・
 私、若干、有名企業への内定報告は飽きてます・・・
 「キャリアアドバイザーが目指すのは、そこじゃない!」
 と信じて疑いません。ワザを駆使して有名企業に
 受からせることのみが素敵なことだったら、こんな商売、
 すぐやめます。目指すのは、「ふるすまいる」の一点です!)

この学生さんの焦点が当たっているところが、
自分の就職活動に関するエピソードでも、
内定先での夢や希望でもなく、
あくまで、私と自分の関係であったところが、
なんとも心地よくありました。

そこに焦点を当てつつ、相手の世界に配慮しながら、
言葉が編めること・・・最高のコミュニケーションスキルですね。

1 自分に焦点を当てる人。
2 相手と自分の中間に焦点を当てる人。
3 相手の世界に焦点を当てる人。


あなたは、どんなタイプですか???


熊澤様

ここのところ、暑い日が続いておりますが、
お元気でしょうか。
昨年ブラッシュアップセミナーに参加させていただきました、
・・・大の・・・・と申します。
・・・・していた時に、お会いした者です。

この度、就職活動を終えましたので
熊澤様にぜひお知らせしたいと思い、
メールさせていただきました。

・・・株式会社の・・職として
内定を頂きましたので、
そちらでお世話になることになりました。

熊澤様のブログはよく拝見して、
励みにしておりました。
就活生を対象としたお仕事をされているため、
なかなかこちらから連絡しづらく、
報告のみとなってしまいましたが、
熊澤様とお知り合いになることができて
良かったと感じております。
心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。


就職活動を終えたものとして、もしも
お役にたてることがございましたら、
僭越ながらお力になりたいと思っております。
心の片隅にでも、
覚えておいていただければ幸いです。

最後になりましたが、お体にはお気を付けください。
ありがとうございました。
失礼致します


一対一で相手の背景を察して、パフォーマンスができることは、
クラスの「空気が読める」ということより、数倍能力が高いですね。

読むのは、空気じゃなくて、相手の背景です。

空気は読むものじゃなくて、作るものです!(ま、この話はまた。)


posted by 就職エージェント熊沢 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。