2010年06月25日

常人には理解されない生き様

今日の酒宴は十徳です。
普段は会社の近くのお店ですが、
今日は歌舞伎町に近い側のお店にて乾杯。

いやー。19時半には、すでにオジサン達で満杯です。

こういう店で飲まないといけません。
若者た集う店も良いですけど、大人に評価される店に、
悪い店はありません。この店も良い店です。味がいい・・・。

今夜は、大学時代時代の友人と飲みました。彼の名は、シュウゴ。

大学時代の恩師は、こんなコメントです。

新しい公共をつくる・・・
そのコンセプトと共に、
なかなか常人には理解されない生き様を貫いている友人です。

「そういう友人が何人いるか・・・」

それが、大学時代に「時代に挑戦した学生団体」を
運営した友人の価値だ!その旗を、まだ掲げているか・・・?

「とりあえず、読んでみなよ!仙石さんから教えてもらったんだ。」
と、一冊紹介を受けました。

NPOと政治をつなぐ・・・その壁をこわすことで、
市民と政治の距離を縮めていく。。。なんて話をしてくれました。

壁を壊す (単行本) 吉川 廣和 (著)

51M2Lb6IfyL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg
(アマゾンから、どうぞ。)

彼には嫁もいます。子供もいます。その中で、自分の道を貫く・・・

勉強もしていて、彼なりの人脈も大学時代とは比べ物になりません。
「でも大変だよ。生きていくのはさ、衣・食・住、色々あるよ。」と。

不況時代に大学を出て、独立を掲げた友人たちからは、
「世の中厳しいぜ」というセリフと、
「それでも、やるべきだ!」というセリフを聞き続けてきました。

大企業に入った仲間からは「会社も厳しいぜ」というセリフは、
聞きますが、「世の中」というワードと、
後者のエネルギーが出てこない気がします。

「世の中」を語るという勇気・・・

今回も、その勇気を見せてもらいました。度胸では進めない道を。

短期的な仕事を共有するような軽い話をしようと思ったのに、
長期的な生き方に関するアドバイス???を頂きました。
彼なりの私に対する自己分析講座?を散々に受けて、そんな夜でした。

お会計一人3000円。すてきな夜の料金です。


シュウゴ、ありがとうございましたー。



posted by 就職エージェント熊沢 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。