2010年09月13日

夢中になっている学生さんは、ドンドンと力をつけていく…

今日は東京理科大の大学院にお邪魔し、
キャリアデザインの夏季集中クラスに参加させて頂きました。

その後、以前、お世話になっていた政治家のパーティーの
受付のお手伝いを仰せつかって、世の中の流れを見に行ってきました。
(なんか最後は、スタッフ慰労の乾杯挨拶までさせて頂き・・・エラそうでした…私。反省。)

ま、どちらもボランティアのお手伝いですし、主役は学生さんです。

後者に関しても、夏のインターンでしょうか、30人近い大学生に囲まれて、
非常に多くの気づきを頂きました。久しぶりに事務所の若手をしごくのも良いなーなんて、
昔の血が騒ぐのを感じました。私と戦ったメンバーは、大銀行やら大商社で大活躍中ですからね。
(彼らから結婚式のお誘いなど頂いて、光栄の至りですね。。。)

皆最初は挨拶が苦手とか、声が小さいとか、自己と他者の焦点の使い分けが不得手とか、
これこそ社会と若者のギャップ!という瞬間が、それこそ、いくつも。。。見えました。
(前者は気づきというか、、、私にとっては、もはや修行タイムですし。)

ただ、両方ともに言えるのは、
夢中になっている学生さんは、ドンドンと力をつけていくということです。
大人の感覚に顔を突っ込んで、感じること・・・そして自らを動き出させること。。。です。

いやいやで参加している学生さんもいますが、そこからは、パワーを感じません。

夏季集中授業でも、インターンでも、それをこなしたこと、やった経験、学んだ事実だけでは、
誰も評価なんかしてくれません。学ぶことは当たり前のことですから、「学生」ですもんね。

学んでない学生は、もう学生ですらないですよ。
生きているだけ。。。ですし、親からの授業料をもらっているなら、生かされているだけですね。

どんな瞬間、どんなところにいても、学生さんである以上、多くを学び、
そして、その学びを元に自分の中から顔を持ち上げる「高揚感」「キャリア感覚」を逃さず、
手に入れて欲しいものです。それらはすべて、社会との接点にのみ生まれることです。

大声でなくても良いので、是非、心から声を出して、自分達の世界から、一歩だけ外へ。


posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。