2007年02月05日

我が身と鏡を見続けましょう。

こんばんは。
DOキャンパス就職エージェント、改め、
THE C-SQUARE TIMES 編集長 熊沢です。

私事ですが、今日は朝から健康診断でした。

(んー、中性脂肪、、、総コレステロール値・・・)

初めての内定が、業界超上位のスポーツクラブだった私としては、
見る影もない数値に、少なからず凹みました。。。

皆さんも、4年生になるとすぐ健康診断があります。
勿論、内定後に企業に提出させられる健康診断書を手に入れるために、
4年生の健康診断は、絶対に受けないとダメです。

が、就活の為だけではなく、『自分を客観的に見る!』という意味でも、
しっかり、健康診断は受けましょうね。我が身と鏡を見続けましょう。

さて、今日のC-SQUAREのセミナーは、
「現役人事担当者に教わる面接の極意!商社版!」

でした。


人事の方のみならず、若手社員の方が5名と、
役員クラスの方もゲスト出演してくださり、色んな話をして下さいました。

私が特に心に残ったのは、部長がして下さった「感動」の話。


人が感動をする時は、どんな時でしょうか・・・。
今までの常識を超える事実に直面した時でしょうか。

今までの常識感覚では、見たことも無い大きな夕日を見ると、
感動して、浜辺を走り出してしまうでしょうか。
今までの常識感覚では、計り知れない101回目のプロポーズをされたら、
感動して、涙が出てしまうでしょうか。。。(ネタが古いですね・・・)

とにかく、面接の場で、相手を感動させられたら、きっと、
相手(つまり人事の方)は、思わず身を乗り出して聞いてくれるでしょう。

それは、商社というビジネスも同じです。

0⇒1を作り出すためには、感動をそこに生まなければ、
絶対に、取引先が動くことは無いわけですね。
そして、日本の高度経済成長は紛れも無く、
「商社」の生み出した「感動」が作ったのです。

その感動ポイントが、商社面接の極意なのかもしれません。


感じ取ることが出来た人と、出来なかった人と居たかと思いますが、
これから始まる会社説明会も、ぼけーっとセミナーに出ていれば、
その真意を教えてもらえるわけではいので、感覚を最大にして、
そして、その本質を見極めて行きたいものですね。



私も自分の健康診断記録に、(ある意味)感動したので、
明日から、いや、今日から、10時以降の夕食は禁止と致します。

それでは。



posted by 就職エージェント熊沢 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。