2007年04月10日

内定の断り方

こんばんは。
THE C-SQUARE TIMES 編集長 熊沢です。

続々と、内定の報告を頂きます。
ま、ただ、取れてない人が焦ることではありませんヽ(~-~(・_・ )ゝ

人と比べないで歩き出す、
自分の人生のストーリを自覚するのが就活の、醍醐味です。

○○企業が△△企業より上だ!というランキングは、
自分の心の中にしかないです。就活の結果を人と比べる人は、
人の人生に優劣をつける人です。夢に優劣をつける人です。

私は、そんな人は、嫌いです。 。(>_<;=;>_<)。

さて、内定が出始めていますが、
それが就職活動が終わるホイッスルにはなりませんね。
免許が取れたら、公道で運転できるわけではないですね。
一人じゃ、高速どころか近所を運転するのも怖いもんです。
免許が取れてから、本当に運転技術と向き合うのと同様に、
むしろ、内定が取れてから、本格的に自分と向き合う人が、
多くなるのが、この4月です。


(内定がとれね〜!!!という人は、是非、就職相談会へ。)

その内定が取れてからの自分との向き合いをするのは、
全力でやって頂きたいのです。もう、それこそ寝ないで。
しかも、その限られた選択肢から、
必ず選ばなくてはならないわけではないです。
就職活動を続けるのも勇気ですし、馬力です。

ただ、
(。・_・)ノ【3つ以上、内定を保持する必要はないですよ。】
その行為をしてしまっている人は罪深き人です。
当然、人事にも迷惑をかけていますし、
その行為の為に、内定が出ない人もいるわけです。
2つの内定を最終的に1つに!というのはコクかもしれませんが、
3つの内定を2つにすることは、出来るはずです。優先順位です。
その内定の数が増えてきて、
断ることを後に伸ばすことで、1番苦しいのは自分です。

人に傷つけられるより、人を傷つける方が辛いと言いますが、
正直、人事は内定を断られるのには慣れています。
その程度のことは、想定内。人事は傷つかないです。
人事の心にはチクリ!とはするでしょうけど、血はでません。

勿論、厳選したアナタに内定を断わられる、、、という事実は、
人事としては悪い情報です。
しかし、優秀な社会人は、いい情報より、悪い情報を集めますし、
社会人としては、悪い情報こそ早めに報告すべき情報なのです。
もっと言えば、良い情報なんか、後回しでも良いです。

悪い情報を抱えている状態は、自分を傷つけているだけです。
体は1つ。入社できる会社は1社のみです。


(。・_・)ノ【出来ないことは、出来ない!】
それをしっかり言えるのも、社会人としての一歩ですよ。
内定承諾が出来ないのなら、出来ない!と言うのです。
それが、○日までに。。。と言われて、その日が来てしまったら、
その日までにしっかりと「出来ない!」と言うんです。


( ̄乂 ̄)NO!というのも、責任をとる1つの方法です。

誠意をもって、一秒でも早く、お断りをする。。。それこそが大切。

最善の内定の断り方です。それ以上の断り方はありません。


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。