2007年05月16日

『心を動かす企画の立て方』セミナー

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

こないだの日曜日に、『心を動かす企画の立て方』セミナーが、
スプリングウォーターの学生メンバーが週末を利用して行われました。

全体.gif

とあるベンチャー企業の佐藤社長を呼んでの基調講演に加えて、
さらに、グループワークなどをしながら、自分たちが企画を立てるときに、
何を考えなくてはならないか?企画とアイデアの差はなにか?
それをどう伝えて行くべきか?を考えるセミナーを行いました。

  ↓「学生に混ざって熱弁を揮う佐藤さん」↓
佐藤さん.gif

学生時代は、どれだけ企画に携われたか?で、
提案力が付くと思います。学年にかかわらず。ネタにかかわらず。

昨日、一昨日と、学生さんの企画を目にする機会がありました。

○大のミスコンになった子が、当り前の学内の大学生活から脱却し、
輝く大学生が1人でも増えるようなキッカケとなるフリーペーパー
を作りたい!と話に来てくれたり、
■大の4年生が就職課の部屋で、
「映画の主人公に憧れて、それを職種で表現すると、
こんな感じで、これで独立もしたいんです!」と話してくれたり、
それぞれが小さい笑顔と、こちらを窺うように企画をみせてくれました。

企画書は、つたないパワポだろうがワードだろうが、手書きだろうが、
そんなことはどうでも良いです。そこを恥じる必要などないです。

ただ、「想い!」がそこにあるか?は、ジロっと見ますね。
私はそれを企画の腹筋と呼びます。

企画はそれを実現するために戦いの場にさらされます。
佐藤社長曰く、「6W2H」を認識し、「伝えると伝わる」の差を考えて、、、
と、詳しくお話をしてくれて、最後に「想い」です!と言われてました。

「好きであること」「突き抜けること」「許すこと」「ねばること」
・・・それらを支える「想い」があること、、、です。

就職活動もきっと一緒です。
履歴書が書き終わった時、エントリーシートが書き終わった時、
そこにある「想い」が乗った書類は、あなたの企画書で、
自分を採用したらきっと良くなる!って言う提案力です。

そこには、「想い」がないとうまく書けないですし、
そこでは、腹筋がないと戦えないです。これは企業も一緒です。
企業の想い、理念、、それを見抜いて、
その企業が立てている「企画」・・・
(それが大きくなったもの。。。)「事業」を
見抜いて一緒に戦えるかどうか、、、これを考えて行きましょう。


日々の繰り返しに甘んずることなく、
想いを高め、それを言葉にして、それを行動に変えていく。。。
そんなイキイキ大学生になる為に、、、
ビリーブランクスのように、ぶんぶん!腹筋を鍛えて行きましょう!
(気になる人は、「ぶんぶん」で検索!)


北クン.gif

  学生団体スプリングウォーターを引っ張る「北」くん。
企画を運営する彼は、、、きっと腹筋が筋肉痛なんだと思います。
成功も失敗も、彼の腹筋を鍛える材料になるのですから・・・。




posted by 就職エージェント熊沢 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
NPO法人SpringWaterの長谷部です。

イベントをご紹介いただき、ありがとうございます。
おかげさまで、このイベントをきっかけに自分達と一緒にやってくれるという仲間も増えました!

これからもいろいろとお世話になる機会があると思いますが、よろしくお願いいたします。
Posted by 長谷部朋之 at 2007年05月28日 17:49
長谷部さん コメントありがとうございます。

意志あるところに仲間が集い、
仲間があるところに、また意志が生まれる。

大学を越えた意志ある団体・・・

学生団体を今後も応援して行きますよ!!
Posted by 編集長 at 2007年07月04日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。