2007年06月27日

はまる入院生活 1

こんにちは。
就職エージェント熊沢です。

今日からは、通常のTHE C-SQUARE TIMES は休刊として、
熊沢匠の「はまる入院生活」を病室から、お届けする。

極めて個人的な記事になってしまうが、
ご心配を頂いている関係者各位と、就職活動生にお届けしたい。
特に、「あいつは、ホノルルに行ったのでは?」やら、
『そういえば、ドラックストアに入っていったのを見た!
 強烈な日焼け止めを買いに行ったのではないか???』
という冤罪を回避するために、病室から生のレポートである。

普段、「です。ます。」調でまとめている
THE C-SQUARE TIMESだが、
この数日間はあえて「である。・・・だ!」調でまとめたい。
あくまで、個人的な記事であるから、ご容赦願いたい。
なんとか就職活動に結びつくように記事をまとめたいと思うが、
多少強引な書き回しになることを先にお詫びしておく。

とにかく、

「私が買いに行ったのは、カーゼだ!」

さて、気を取り直して、特別編を開始する。



ヒタ隠しにしていた?が、痔である。(であった。)

よくイボ痔だキレ痔だというのがテレビCMでやっているが、
私のは、それとは違い痔漏という手術をしないと直らないタイプ。

読んで字のごとく、痔が漏れていたわけだ。
(かっこいい言い方をすると、ジローラモ熊沢である。)

人のおしり付近には、ちいさな穴がいくつか開いていて、
そこから雑菌がはいる。普通はそこで体の免疫力が勝つのだが、
過度な疲労やストレスに包まれていると、負ける。

で、細菌クン達がトンネルを掘り進む。
症状が進むと、そのトンネルは体外につながったり、
体内のつながってはいけない部分につながってしまう。

私の場合、背中方向に向かっていたので、
どこぞにつながる可能性はなかったのだが、
体外に出てきても困るので、手術をした。
っと言うか、痔漏の症状は手術をしないと直らない。
勝手にトンネルが塞がってくれるわけではないのだ。

そんなこんなで、6月27日〜入院生活になった。

せっかくなので、その期間を特別編として記録しておく。

あんまり、、、というか、ほとんど就職活動に関係しないが、
日常を離れると見えてきたり、考えたりすることが、
また新たな日常を作り出すことがあるので、
皆さんが非日常を疑似体験をしてくれたら最高である。


posted by 就職エージェント熊沢 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>はまる入院生活。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。