2007年08月06日

「OB訪問をやっとけ!」と思います。

こんばんは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

最近、3年生からの就活質問がおおくなって来ました。

「いつから就活対策したら良いんですか?」
「インターンシップの選考に落ちてしまいました。。。」
「合説に来てみましたが、どうも企業と話ができません」

千差万別、色々聞きます。焦らなくても大丈夫です。
もし、どうしても就職活動をどうしても3年生の夏にやりたければ、
「OB訪問をやっとけ!」と思います。

3年生に門戸が開いてない時期に、各種イベントに無理に行ったり、
合説で4年生の席をうばって質問したりしても、意味はないです。

就活イベントに参加しまくって、就活マスターを目指さずに、
今は社会人の空気にふれまくって、
社会人としての未熟さをしるべし!です。

ちなみに、ウチの会社でインターンをしていた07卒の学生さんは、
超総合商社の4文字商社に内定をとりましたが、
OB訪問は、3年時に100人したと言っておりました。

なぜか?と聞いたら、
「えっと、自分は自分の大学名に天狗になってますから、
その鼻を折って貰う為に、30人。
その後、その業界と会社をしるために30人。
次の30人は自分が商社という業界に進んだ後に、
人脈があったら仕事が回せそうだったから、それを手に入れるために。
最後の10人は向こうから呼ばれました」

と言ってました。

つまり、そう言うことです。
習うより、慣れろです。

OB訪問は、知らない先輩にワザワザアポをとってお話を喫茶店で聞く、
というスタンダートな形にこだわる必要はありません。
自分の携帯に番号の入ってない距離感の社会人に、
自分やキャリアのこと、その人の仕事のことについて、
じっくりお話をさせてもらえればそれで十分です。

それはたとえば、いとこのオニーチャンに、
お盆休みに会いに行く・・・ということでしょうし、
父親の会社の近くで仕事モードの父親とランチをして、
出来れば、部下の一人も連れて来て貰うことです。


その行為はついでに、「お父さんは何の仕事してるの?」
と人事に聞かれた時に、説明できるという副産物つきです。


ってことで、このOB訪問という行為を、
熊沢が少しでもお手伝いできればと思い、
私が週末などで個人的に出会った人たちに、
仕事のインタビューをして、その仕事の本質と大変さを、
皆さんに第三者として話せるようなカテゴリーを作りました。

09の3年生だけでなく、内定をとった4年生も是非、
読んで頂ければと思います。





posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熊沢さん、ご無沙汰してます。入院されていたそうですが、今はお元気そうで何よりです。

今悔しいのは、去年の夏からOBOG訪問に動かなかったことですよ〜。ゼミの後輩にはその轍を踏ませないよう、口を酸っぱくしようと思っています(笑)

その悔しさをバネに、先週は京都で朝○新聞と産○新聞の人と会ってきました☆
Posted by いのうえけいた at 2007年08月08日 23:58
おー!いのうえクンじゃないか!
元気そうで何より。
そうなんです入院してました。
でも、先週からはお酒も飲めるまでに復活しました。

先輩から後輩への就職活動アドバイス!
すばらしいベクトルですね。
秋からはC-SQUAREでも、08の皆さんを呼んで、
09の就活生に力を貸してもらう企画を、
創っていくつもりです。ご協力を!
Posted by 編集長 at 2007年08月09日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。