2007年08月15日

お盆休みがとれる仕事

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES
編集長 熊沢です。

連日暑いですね。
就職エージェントも、お盆休みを頂いております。

あたり前ですが、社会人のお盆休みは学生さんの夏休みとは違います。
長い人と短い人の差があります。決まった日に取れるわけでもないです。
今年を例にとるとわかりやすいです。

11日 土曜
12日 日曜
13日 月曜
14日 火曜
15日 水曜

ここまでは、通常のお盆休みのケースですね。
感覚ですが、7割ぐらいの人がここで休むと思います。
ただ、中には、

16日木曜
17日金曜

を個人的に有給!!にして、

18日土曜
19日日曜

までの個人的大型連休にするツワモノもいます。どこの会社にもいます。
さらに言うと、メーカーなんかは、会社を上げて大型連休にしてます。

社会人になっても大型に休みたい人はメーカーに行くと良いです。
きっと工場など現場の仕事とリンクをしている昔からの会社は、
労組も強いし、どこか一箇所の部品が少なくなれば作業が止まるので、
そんな感じなら、全体を休みにしてしまいましょう!というノリなのでしょう。

お盆休みがほとんど取れないようなイメージの会社に、
「店舗運営型サービス業」がありますね。
ところがこれは休めます。先日も仙台のユニ○ロに努めている後輩と会って、
ご飯を御馳走しました。「好きなの食べていいぞ!」と吉野○さんですけど・・・。
CA390006.jpg
「ジーンズと、シャツはウチのが安くてモノが良いですよ。
 今日も、着てます!是非!!」と、プライベートで営業されました・・・。

同じ仕事を大勢のスタッフで回している場合、
自分の仕事を誰か代わりにやってくれる人がいるわけですね。

新米の店長さんや、新米の店員さんはナカナカ難しいらしいですが、
2年目にもなれば、順番で好きなところでお休みが取れるようです。

これに比べて、自分が担当している人・取引先が多くあり、
それを簡単には職場のメンバーにお願いできない業種の場合は、
どーしても、お盆休みは取りづらいです。

例えば、派遣会社の営業担当(正社員)の人なんかは、
1人で50〜150人の職を守る仕事をしてますから、どこの会社さんも、
お盆を全社員で一斉にとる!なんて文化はありません。
就職エージェントが入っているビルにも業界大手の会社さんがいらっしゃいますが、
皆さん、お仕事をメキメキされてます。もちろん、バラバラにはお休みとるようです。


お盆休み一つとっても、業種・業界で千差万別です。
要は、どんな仕事も、お客様と仲間あってのビジネスですから、
自分が○○をしたい!ってのは、一番最後にくるっていうことですね。

海外の国々と取引をする総合商社なんか、お盆休みは関係ないでしょうね。
先方にお盆がなければ普通の日だと思います。

こんな「お盆休み」という小さなことでもOB訪問なんかで聞いてみると、
仕事って何か?がわかってくるかもしれませんね。


posted by 就職エージェント熊沢 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。