2007年09月12日

リーダーとは何か?

こんばんは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

首相辞任。

夕方、営業から帰ってきた新入社員が、
「号外ですよ〜」
と、新聞をもって会社に入ってきて、社内はどよめきました。

今日、iGoogleを整備して見やすくなった私のブラウザに、
次々に踊ったのは、強烈な時代の切れ目のニュースでした。

「お疲れ様でした」
まず、そう思いました。ここ数日の国会のやり取りを見ていて、
何とも言えない気持ちになっていた私は何故か心が一杯になりました。

安倍首相.gif

普段は人材ビジネス系のニュースやその日の日経が飾られる棚に、
号外が飾られました。(左上は当社の社長が新聞に出た記事。)

会議や外出から戻ってくる社員達が、この棚をみて、
「うお!辞任!」と驚き、その前で立ち止まります。

中学校で政治経済を勉強してから何度も何度も
(正確には9人)の辞任をニュースで聞いてきましたが、
いつも思うのは、「リーダーとは何か?」です。

責任を取り辞任・・・。

これがこの国の正しいとされる文化です。

「大きなミスをしたら辞める。昔なら腹を切って死ぬ。」
本質的な責任の所在をうやむやにすることで逆に、
集団としてその責任を受け、前に進むわけです。

きっと他民族に追われても、敗戦しても、
責任を明確にせず、逃げて逃げて、
この島国・列島に辿りついた民族が編み出した、
最強の「あやふや・玉虫色戦略」なんでしょう。

であればこそ、
責任の所在を一人の辞任であやふやにするならばこそ、
その後に、この国の集団はどこに逃げて、
どこに明日を求めて進むのか、
これは全員が共有しなくてはならないことなのだと思います。

今回の件も、日本という集団に属する我々一人一人が、
重く受け止めて、明日をどこに置いて進むのか、
しっかり考えなければ、彼の辞任は意味がないと言うことになります。
彼一人が辞任をして万事解決というわけではないし、
次のリーダーが指し示す未来をしっかり理解し、
そこに耳を傾けるのが我々の責任だと思います。
でないと、マンモスか他民族かに、我々は駆逐されてしまいます。

どんなリーダーが求められるのか。

それは、常に時代によるでしょうけど、
そのリーダーについて行くと覚悟をしたメンバーが、
どのくらい責任感を感じて進むか。。。も、重要だと思います。

安倍総理が辞任しようが、しまいが、
21世紀を創っていくのが我々であることには、
何も変わりはないのですから。。。















posted by 就職エージェント熊沢 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。