2007年10月15日

エントリーシート文章の真髄

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

いや・・・すっかり、先週は風邪ひいて倒れてました。
38.8度とか、びっくりしました。油断大敵です。

先週は生田講師のセミナーがありましたね。

生田講師全体.gif

感想を見ると、多くは「時間がたりない・・・」でした。

これはこちらの対応不足かもしれませんね。申し訳ないです。
C-SQUAREのセイナーは飽くまでペースメーカーですから、
ここでアクセルを踏みこむ気持ちを手に入れてもらえば十分です。
掴んだキッカケで一気に書いてみましょうね。ここからが勝負ですよ。


数時間のセミナーでエントリーシートは、まず完成しません。
なぜならエントリーシートは、就活中にずっと進化するものだからです。
エントリーシートも履歴書も「完成した!」という状態はないはずです。
老人に片足突っ込んでしまった役員クラスに、
携帯MIXIの使い方を教えるなら、人事も諦めもつきますが、
進化を止めた若者に人事が興味を持つわけありませんよ・・・。



ちなみに生田講師の濃さでのセミナーは、普段は半日〜数日の内容です。
それを社会人の中堅リーダー層や新入社員用にやっているものです。
きっと、必死に自分を高めようとしている皆さんには、
3時間、いや4時間やっても、物足りなくなると思います。

ただ、その「物足りなさ」は素晴らしいです。かなり評価できます。
その貪欲さ、学習意欲は、きっと社会への扉をあけます。

休講になってクレームが入るのは、浪人生向けの予備校授業と、
C-SQUAREの講座だけ。。。ってのは冗談ですが、
それぐらい(浪人生ぐらい)の意欲はあっていいと思います。

それがC-SQUAREという場所では楽しく展開されてしまいますから、
時間もあっという間に感じるのもわかります。


ワキアイアイ.gif


で、そのくらいの社会人並のモチベーションをもってなら、
就活生用の成長レベル感覚で満足しないと思います。

なので、、、。

今後、本屋さんの就活生向けのコーナーに、
必死になって行くのはやめましょうか。時々行く程度にしましょう。
あのコーナーは、皆さんの焦りを助長し、購買意欲を煽るコーナーです。

私ならエントリーシート文章の真髄を考えたら、、、
エントリーシートに匹敵する社会人向けの文章世界観を学びます。
例えば、上司への報告や取引先への文章力を上げる本を選びます。

生田講師が就活生向けレベルでお話しないように、
皆さんもその上を目指して学習したらいかがでしょ?
その場凌ぎの勉強法で対応できるのは、
単位の取りやすい大学の前期、後期試験だけで、、、
高校入試や大学入試では、自分の本当の実力を上げましたよね。。。


簡単に言うと、、、

新入社員研修が全てマスターしている学生がいたら、
人事は取りたくなります。

就活情報をすべてマスターしている学生がいたら、
人事は気持ち悪くなって倦厭します。

ってことです。


皆さんが身につけなくてはいけないのは、、、

就活情報ですか?

社会人的基礎情報ですか?




〜余裕のある方には、お勧めの本を下記に〜

≪エントリーシート対策≫

・中央公論新社  野口悠紀雄 著
 「超」文章法 〜伝えたいことをどう書くか〜

≪自己PR対策≫

・PHP新書 樋口裕一 著
 頭がいい人、悪い人の話し方



参考までに・・・ですよ。

売り手市場です。自分をじっくり見つめて情報を集めましょ。
踊らされては行けませんよ。私にも、本屋さんにも。


posted by 就職エージェント熊沢 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。