2007年12月10日

大学3年囲い込み過熱・セミナー様変わり、業界研究や就活指南

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

気になるニュースを見つけました。

<日経新聞 12月8日の紙面から>

主に大学3年生を対象にした企業の冬の新卒採用セミナーが様変わりしている。
売り手市場が続く中、各社の人事部が業界研究や就職活動のノウハウを指南するなど
「第二の就職課」の役割を強調し、自社に学生を誘導しようとしている。
ミクシィや住友信託銀行が今年に初めて開くほか、
昨年から始めたローソンは開催を1カ月前倒しするなど、
2009年春をにらんだ3年生の争奪戦は早くも過熱気味だ。 
ミクシィは15日、仕事の選び方などを教える「スクール」を初めて開校する。
博報堂の元人事担当者や笠原健治社長らが講演し、
若くして社会で活躍するためのキャリア選択を助言する。



んー、就職エージェントは3年前から、
ブラッシュアップセミナーをやっているのに・・・
まったく取材されず。。。

ちょっとスネそうです。

とりあえず、最近の学生さんはここまで優しくして上げないと、
動けないもんかね〜と人事の呟きが聞こえてきそうな記事でした。

さてさて。


posted by 就職エージェント熊沢 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。