2008年02月12日

ビジネスマナー講座

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は臨時セミナーでビジネスマナー講座を行いました。
特別な講師の方(ヒューマネクスト 浜本さん)に、登場して頂きました。
普段参加しているメンバーも若干の緊張気味でしたが、
アンケートを読むと、すぐにそれはほぐれたようですね。

それは、きっと講師の方の笑顔と声、そしてその心の在り方を、
参加者の皆さんがキャッチしてそれを自分の心に映したからなのではないでしょうか。

顔隠しワーク.gifオジギ練習.gif

今回のセミナーで一番勉強になったのは、
浜本講師のお話の仕方やセミナー運営の空気だったと思います。
その空気感にビジネスマナーの大基本!!が集約されていました。

それを盗むイメージを持って参加できたメンバーは最高です。
皆さんもこれから参加する色々なセミナーや会社説明会で、
講師や人事の人から感じる「ビジネスマナー」は盗んでください。


まずは、、、大きな声で話す!ことですね。
浜本講師が最初からお話して下さり、
さらには、2時間まるごと実践して下さったことです。

自分が喋ったということと、
相手に聞こえたということと、
相手が聞きやすかったということは、
まったく意味が違います。


これが人事が学生に求める「コミュニケーション能力」です。


ビジネスマナーと言うのは、コミュニケーションの最低基準です。
コミュニケーションと言うのは1人では完成しません。

1人では何も作られない・・・と言うのは社会人の基礎思考です。
(2人以上の組織を社会と呼ぶので、当り前ですね。)

自分だけがカワイイと思う人は、相手に気遣いをすることができませんし、
きっと、何か問題があって面接の日程をずらすお願いを人事にすることですら、
緊張して電話を前にためらってしまうでしょう。

相手のことを考えられる人は、相手に迷惑をかけてしまう事態に際しても、
丁寧に接することで相手に迷惑だ!と感じさせることなく、形にできます。

それは内定辞退や選考の日程調整や電話の取り方にも響いてくるでしょうし、
面接でのやり取り一つにしても滲み出てくるものです。

頭の中に「自分中心で考える脳みそ」と、
相手と自分がいる。。。つまり、「相手の事を考える脳みそ」を用意して、
ゆっくりと、じっくりと話をすることです。


慌てなくて良いですから、常に相手を意識する就職活動をしてみてください。

ビジネスマナーは、きっと、その瞬間に身についていますよ。

ビジネスマナーは就活本に書いてあるのではなく、
アナタの心の中に隠れていることですから。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビジネス マナー 電話
Excerpt: 当たりやすいBIG1000新発売 / 彼氏が母親の事を悪く言ってきます。長文ですが、よろしくお願いします。/彼氏が母親の事を悪く言ってきます。長文ですが、よろしくお願いします。私が大学4年21才。彼氏..
Weblog: ビジネス。あなたの知らないビジネスの世界
Tracked: 2008-02-15 03:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。