2010年09月10日

ニートインターン

今日は就職エージェントで開催する合同説明会でした。

企業は、積極的に4年生を採用したい16社。
学生さんの予約は120名。

企業は、「就職エージェントの合説は、集まる学生さんに頑張り屋が多く、
採用したくなるんですよね!今年も先月の合説から内定出しましたし!」
なんて言ってくださいます。

これだけ悲劇の就活状態(内定率50%)という中にあって、
このバランスは奇跡ですね。学生さん側には、ビックチャンスです。

が!!!

朝にちゃんと時間通りに来た学生さんは、12名でした。
午後は少し増えて、20数名。。。

s-CA390437.jpg

実際の内定率が上がらないのは、求人がないからじゃないんです。
これが現実・・・学生さんが閉塞感を前に、折れてしまうんです。

苦しい社会に対して自分を立てて戦っていくなんて、
無謀に感じるんでしょうか。。。最近は、その生きることへの怖さを感じていくことは、
無謀ではなく、生きる上では当たり前のことなんではないかと思います。

学生さんは慣れてないだけです。だから若さを武器に、立ち止まらず進むしかないわけです。
「なに家でモジモジしているだよ・・・」と言いたい気持ちを抑えつつ、敢えて言います。

「いやー、わかりますよ。」と。

来週から学校ですし、夏休みは暑いですし。
家にいて「笑っていいとも」みてれば、ご飯は出てくるし。
PCに向かって、クリックする申込は楽でも、
スーツに着替えて家から出て、自分と向き合って、企業と向き合うのは、
楽な作業ではないですよね。痛いですし、つらいことも言われるかもしれない。
その上で、「また」落ちてしまう、傷ついてしまうかもしない。。。です。

でも、就活しない、勉強しない、、、
それじゃ卒業生してないのに「ニート」ですよ。

夏休みのニートインターンです。
それじゃ、世の中と断絶するだけです。

不合格!というお知らせを頂くことだって、
社会と繋がっているからできることです。

それで良いんです。社会と繋がっていないと、
いつまでたっても、社会に貢献することなんて出来ないです。

チャンスシーンのボールは、最後まで走った者にだけ転がってくるものです。
あきらめたら、絶対に合格は手に入りません。
あがいてください。かっこ悪くても良いので。。。その姿はカッコいいです。

アナタがあがくなら、多くの人の応援を手に入れることが可能なんです。
そんなことは甲子園の試合を見ていたらわかるじゃないですか・・・
あがいてさえいれば、一人ぼっちにはなりませんよ。

泥まみれになって、あがくことは。。。。格好良いことですよ。
涼しい部屋のニートインターンは、楽ですが、かっこよくないっす。

かっこつけていきましょう!!!



posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

資格は取っただけでは、まったく評価されません。

今日は、コミュニケーションの資格講座に来ています。

私が取得するんじゃないですよ・・・

学生さんたちが取得するんです。いろんな大学の学生さんが来ています。

s-CA390418.jpg

無料じゃないです。参加費用は、2日間で・・・万円です。
やはり、時間とお金を自己投資ができる学生さんは凄いですね。
一切、寝ません。大学の授業とは比べ物にならないですね。。。圧巻でした。



私も履歴書セミナーで良く話してきましたが、
履歴書に書くためだけ、資格は取っただけでは、まったく評価されません。

講座やら資格やら、能力をあげるために使う道具であって、
それを取得・受講した経験や結果は、能力を証明するものではないです。
まして、履歴書に書いたからといって・・・。

ただし、その取得するまでの努力・主体性は証明できます。
さらに、取得後も努力・主体性をもっているか?は、
皆さんの毎日が決めることです。そしてそれは皆さんに会えばわかります。

今日の講師の方もお話しれていましたが、
要は「英検2級の人が、英語を話せますか?」という話です。


知識を増やせば、内定がでるわけではないです。
能力を高め、価値観を固めていくことを、常に意識しないといけませんね。


普段、内定を獲得するために必死に苦しんでいる方ばかりに会うので、
それより若く、事前にそうならないために集まっている学生さん達に、
囲まれるのは刺激的でした。学生さん達の意識格差は広がってますね。。。

日々、成長の連続ですね、、、常に意識したいものですね。

私も今日の講座を拝見して、
ちょっとした名刺交換のワーク一つにしても、
忘れていたこともありましたし・・・心から常に成長を誓いました。


posted by 就職エージェント熊沢 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

中央大学でのキャリア講演会


今日は、中央大学でのキャリア講演会でした。

12向けの講演も、中央大学生に対しての講演も、
初陣でしたので、非常に勉強になりました。
久々で、楽しみ切れなかった部分があったのは反省です。

3年生以外の学生さんもいらっしゃいましたが、
流石に、この時期だと3年生の学生さんがメインでしたね。

200人弱ぐらい来てくれてました。ありがとうございました。

s-CA390372.jpg

<OB訪問からみる、社会人に近づくために
必要なことを気付かせる契機を生み出す!!>

という熱いキャリアセンターの方からの御依頼の下で、
「OB訪問の大切さ」や、「これだけは手に入れてほしい・・・」
ということを中心にお話ししました。

・もっと具体的な事例が欲しい!
・具体的なOB訪問のやり方を教えてほしい!!
など、若干の要求もセミナー後に学生さんからは頂きつつ、時間的にも趣旨的にも、
「それは本に書いてありますので…」
と言うしかない自分の限界を意識し、残念にすら思いました。

・本の内容と、セミナーの内容の差に価値を感じてもらうこと。
・その手法とスタンスの問題と調整。。。
まだまだ学ぶべきところがあるなぁ…というのが感想です。

出し惜しみせず、もっと本の内容をバンバンお話しする方が、
きっと学生さんの満足に繋がったのかもしれない。。。と思います。

ただし、それはつまらないだろうし、
OB訪問に関しても、就活の面接に関しても、
最終的には対策本で全てが手に入るわけではなく、
事前対策を完璧にしても意味はなく、
自分でやってみないと自分自身は「感じられない」です。
価値観が生まれてこないわけです。ま、やればわかります。。。

完全に準備された面接など価値がないように、
完全に準備されたOB訪問などに意味はないです。

それを通じて失敗し傷つきながら、手に入れなくてはならない
「知識・価値観・能力」に関しては、今日お話しした通りです。
それを夏に体験できることは、失敗できる方法は、
我武者羅に社会人に会いに行くことだけなんです。
何人も、何人も、、、そして成功体験を積むことなんです。


事前の知識が増えることは悪いことではないですが、
何もせず、そのやり方・正解を事前に求めるのは、
就活前の学生さんの残念なところです。しかたないですけどね…。
恋愛したい高校生が「これで恋愛がわかる!」みたいな
雑誌を読みたくなるのは、止められません。

与えられるものじゃないんですよね・・・
自分の中から出てくる本音と、その手法ってのは、、、。
正解などないので、まずは行動を起こしてみてほしいと思います。

21世紀の日本社会を正しい方向へ導くオリジナルな方法を、
世界のどこかの国の誰かが教えてくれないとやれないよ!!!


と、総理大臣が言ったら、国民は引きますよね。

人生を手に入れるために社会に挑戦するオリジナル手法を、
社会のどこかの誰かが教えてくれないとやれないよ!!!


と、就活生が言ったら、人事はそれはそれで引きます。
アナタなりのOB訪問、社会人訪問を展開して欲しいと思います。


就職活動は、一にも二にも、誰かに何かをしてもらえることはなく、
(その受け身な体制には、学びはなく。)
自分で動き、自分の中から何かを呼び起こしていくことが、
最高の手法であり、それが目的ですらあると思います。

自分で動いてくために、仲間やブレーンといった
誰かに動いてもらうための第一歩である「4段階」は、
お伝えできたので、後は、それをやれるかどうか・・・です。

まずは、その挑戦を手に入れるために、小さな一歩を踏み出してください。
小さなことで良いですから、あなたらしい何かを。。。

今日のセミナーに集まって下さった中央大学の皆さんに、
今日お会いできたこと、このブログを見て下さったことに感謝します。

この場を借りて、機会を下さった職員の方々と、
内容のネタになってくれた妹と、柳先輩にも、お礼申し上げます。

ありがとうございました。
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

中央大学でOB訪問セミナー 講演!

いよいよ3年生向けのキャリア講座が、
どこの大学でも、今月から華ざかりですね。

今日も帝京大学から、明星大学・中央大学と歩きましたが、
途中で迷いました・・・近くのアパートから出てきた学生さんに、
道案内をしてもらわなければ、暑さの中で倒れるところでした。

さて、私も12向け(3年生向け)の講座は、ここからです。

下記のリンクは、来月に予定されている中央大学の学内セミナーです。

1年生〜参加できますので、中央大学の方々は、
お友達をお誘い頂き、当日に会場でお会いしましょー。

キャリア講演会
「夏休みに、未来形<自己分析>が
  出来るようになる【OB訪問十五ヶ条】」[キャリアセンター]


インターンにしろ、社会人訪問(OB訪問)にしろ、
大切なのは社会人と自分のギャップを埋めていくこと!
内定を取るための能力を高めるだけでなく、
そこに対しての知識や価値観を高めていきましょう〜右斜め上

考えてみると今日、私を助けてくれた中央大学のオガワ君も、
「先日、内定いただいたんですよ・・・」なんて言っていましたが、
社会人に対し、「何か、お困りですか?」と言えて、
「あ、じゃ案内しますよ。僕も近くのコンビニまで行くので・・・」
と、相手のメリットと自分の軸を調整できるあたり、
すっかり半分社会人なわけですね。内定持っているだけあります。

そんなオガワ君に大感謝です。

一方で、中央大学OBで学生さんに会ってくれる方も募集!!
講義で現役学生から要望あれば「つなぎ役」を買って出ますよ!!

ドシドシと、コメント下さい!


そういえば、先週末の新郎も中央大学出身だな・・・
それから、○島さん!つば○さん!やな○さん!是非!笑
posted by 就職エージェント熊沢 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

県民センターで講演

今日は横浜にある県民センターで講演です。

しかし、学生さん向けではなく、見識者の先生方向けです・・・。
私が理事をさせて頂いているNPO法人政策マネジメント研究所の
総会でしたので。その前に、少しお話をさせて頂きました。

s-CA390296.jpg

横浜の財団の方がいたり、経営者や行政関係者の方々がいたり、
翌日に学会を控えて関西から来られた大学教授の先生が何人もいたり、
今更ながらに、良くもまぁ、私ごときが偉そうにペラペラと、
前に出て話をしたな・・・と終わってからの赤面状態です。

テーマは公共・公益という視点からの内容で、
大卒採用の実態や若者の就労支援の実態に関して
思うところを語らせて頂きました。

公共・公益という視点からの話は始めると長くなりますが、
普段お会いする方々以外の方々と
若者のキャリアに関して話をするのは非常に刺激的でした。

もはや日本の若者のキャリアに関しては、
キャリアに関係している業界人たちばかりが話をしてるのでは、
まったく解決せず、多くの世界の人たちが現状を認識し、
知恵を出し合わないと光はみえないのではないか?と思います。

知識の枠を超え、業界の枠を超え、
多くの人の力を繋げて、未来のために何ができるか?
何をすべきか?を今後も考え続けていきたいと思います。

感覚としては、もう一刻の猶予もない気がしています。

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

会社を休んで、大学でパワーポイント講座

会社を休んで、大学でパワーポイント講座をやってきました。

s-CA390286.jpg

お礼まで頂きまして、恐縮でした。

さすがに参加者10人で公務員志望の学生達が中心では、
会社の仕事としては受けられませんが、
関係上、断るわけにもいかず・・・というか、
新2年生や新3年生向けの企画はやっていて楽しいので、
思わず会社に「休みます1」と伝えて昼間っから学内で先生面です。

パワーポイントも、就職エージェントも、
学生さんからの視点では、道具ですね。
問題は、自分が何を社会や時代にアウトプットしたいか・・・です。

社会?時代?に対して、何も言いたいことはない。
だって発信の仕方もわからないし・・・
雇われてればそれでいいよ。。。言われたことやるし、

こんなことを呟いてしまう学生さんが増えることだけは
避けたいものです。
posted by 就職エージェント熊沢 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

福島直樹氏の最終セミナー

今日で福島直樹氏のブラッシュアップが終了しました。
これで今季のブラッシュアップセミナーは全て終了です。

「福島さんの紹介で来ました!」という就職エージェントの利用者も、
数多くいます。色々な大学から色々な出会いを頂き感謝ですね。

s-DSC_0189.jpg

土曜日のC−SQUAREの空気は、
福島直樹氏の毎月の登場により、少し明るいです。
気分転換の意味も強いと思います。それで良いと思います。

ブラッシュアップセミナーの効果は、いろいろありますが、
一番は、そこでの自己整理にあると思っています。

自分自身の今までの経験を、セミナーやワークを通じて、
整理することです。そのセミナーで手に入れた経験を活かすのでは、
ありません。その時までに身につけてきた力を確認するのです。

セミナーやワークを身につけて内定がでるのでは無いのですよ。

C−SQUAREに来たら、
エージェントのカウンセリングを受けたら、
何かがして貰えるわけではないのです。

全て自分が中心なんです。責任の所在は常に自分にあるんです。
それが理解出来ない人は、新しいサービスや商品を恐れるでしょう。

でも、自分の人生に責任を持てない人を企業は採用しませんよ。
すべてを企業色に染めて生きていけるほど、時代は優しくないです。

自分を中心に、自分の目と耳で判断したものを、
自分の力に変えていかなければ道は広がりません。

今までセミナーに参加してくれた皆さんの力に成れたかどうか?は、
皆さんがそのセミナーを、就職エージェントをどう使おうか?に、
寄ると思っています。そんな視点で、戦ってほしいです。

s-DSC_0190.jpg

セミナーも、エージェントも、
アナタを掛算でパワーアップさせることはできます。
断じて、足し算ではないので、アナタがゼロなら結論は変わりません。

社会というところは、きっとそういうところなのだと思います。

だから面白いし、だから自由なんですけどね。

さ、セミナーは全て終了です。

ここからです。

ここから、もう一段、強くなれるシーズンが始まります。

楽しみです。
posted by 就職エージェント熊沢 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

生田講師と神瀬講師の最後のセミナー

今日は生田講師と神瀬講師の最後のセミナーでした。
今期も本当に大変お世話になりました。ありがとうございました。

・・・ということで、今日はお二人のノウハウオンパレードです。

まず、生田講師。

「絶対的に自己投資をして下さい!
 本を読もうよ。就活本じゃないビジネス本を。。。
 グループディスカッション・・・そうですね。
 ファシリティトや論理思考の本は、沢山出ているよ!」

「テニスの練習を3年間部活でしまくったら、
 どんなに下手くそでも、レギラーメンバーになれなくても、
 絶対に素人には負けないよね?努力は結果を裏切らないんだ。
 小手先のテクニックだけで、勝とうなんて甘い!頑張りましょう。」

「受験は何十時間も努力して4年間の生活を勝ち取るよね?
 なんで就活は努力しないの?成長のための努力をしようよ!」


と研修ビジネス界の方らしく厳しいことを、
「今日、今からやらなきゃいけないこと」を、
柔らかい口調で教えて下さいました。

s-DSC_0189.jpg

それから神瀬講師。

「はい!今日、出ました。就活悪の経典!人気企業ランイキング!
 なぜ今の就活の流れに飲まれないように自分を持ちましょう!」


ビジネスの目線での就活テクニックを徹底講義です。

「駅のトイレでは長い列の後ろには並ばないのに、
 なんで、就活ではそれをやるの?
 空いている列に並んだらいいのに・・・」


関西弁だからソフトに伝わるロジカル指摘に、
真っ青になる就活生の後姿から冷や汗が見えました。

今年は企業系のセミナーが多く、私が就職エージェント会員の皆様に、
準備セミナーをする数が、数えるほどしかなかったのですが、
各講師陣の方々のおかげで約70本のセミナーが終了しました。

(各月5回づつで約30回。私が30本〜35本ほど…。
 後は臨時開催のゲスト講師のモノがいくつかありましたね。)

今年のセミナー参加の学生さんはユトリ世代第一世代ですから…
どうなることやら・・・と思っておりました。

良い意味で予想を裏切って、
「ゆとりっぽさなんかないじゃん!さすが不況時代!気合が違うね!」
と、言いたかったのですが、残念なことにそれはなく・・・。

数字に関するいい加減さ、
時間に関するいい加減さ、
セミナーに参加している気になって身になっていない
(集団の中で個を実感する能力の低下)


は、予想通りありました・・・。
しかし、それは学生さん達のせいではないかもしれません。
そんな時代なのですから仕方ないです。

さらに、これは、就活講師の方々との共通見解です。
毎年やっているワークの反応が手に取るように違うのですから、
我々としては実感せざるを得ないです。

だからこそ、この就活という時間をつかって、
努力や成長のスタートとして頂きたいと思います。

企業の採用枠が減り、学生さんのユトリっぽさが顕著になれば、
きっと今後の就活戦場は激しさを増します。
皆さん、血だらけで進むことになるでしょう。

それでも武器を手に戦いを挑む勇者に、
勝利の女神は、ほほ笑むはずです。
不安を解消するのではなく、戦いを挑むために動き続けましょう。

勝負はここからです!







posted by 就職エージェント熊沢 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

就活事前セミナー終了

今日で3年生向けの就活事前セミナーが終了しました。

講師の先生方にお願いしているセミナーは、
あと3コマありますが、私が喋る就活前セミナーは終了です。

今年はブラッシュアップセミナーをほとんど担当せず、
企業様から依頼を頂いたものを中心に月10何本やらせて頂きました。

さすがに最後のセミナーは、オマケで10分使わせて頂き、
余分に面接の心得を話をさせてもらいました。
ただ、就活事前のセミナーは、最後はマインドですね。

s-画像 017.jpg

面接のテクニックの話など、まったく意味をなさないと思います。
勿論、私の面接対策セミナーは、
集団面接から、GD選考、個別面接、そして、役員面接の対策まで、
一通りお話しますが、相手の世界観を想像しての
コミュニケーション論に終始しますね。雇用契約を結ぶわけですから、
相手との信頼関係をどう構築していくか?という話になります。

信頼関係がないところに契約など生まれるはずもなく、
異常な緊張状態や、テクニックでの欺きが存在する所に、
信頼関係など創出できるわけないですからね・・・。

相手とどう信頼関係を結び、それを未来への契約にしていくか?

就活は極論すると、ただ、それだけですね。

アナタは、人生をかけて、他人を信じたことがありますか?
その他人を信じていける!と言える自分を信じたことがありますか?
なんど裏切られても、なんど契約構築がうまくいかなくても…です。

一度や二度、傷つけられても人を信じる強さと笑顔がありますか?
それを続けて経験しても人を信じることが出来ますか?
逆のことをしてしまった時に、堂々と謝罪し、
その人と信頼関係を築き続ける覚悟をもって「はじめまして!」が
出来ますか?「お久しぶりです!」をし続けられますか?

それは群れを作り生きていくために、
地球上の中で集団を構築する能力がもっとも高い部類に入るから、
我々人類は、これだけ繁栄することができたわけですよね。

集団を構成するスキルが低いと、
人類としてのスキルが低いことになります。
勿論、それでも生きていけます。でも、生きにくいと思います。

事前のセミナーに参加して、
私がお話をさせて頂いたすべての学生さんには、
是非、自分を高めて生き抜いて頂きたいと思います。

4年生向けのスカウトサービスを開始していきますので、
またすぐにお会いできると思いますが、
まずはここまで参加して下さった学生さんに、
この場を借りて「生き抜け!!!」というメッセージを。。。

posted by 就職エージェント熊沢 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

テーマは自己分析

今日は久々に生田講師のセミナーです。

テーマは自己分析です。

s-DSC_0214.jpg

いまさら…?と思う人もいるかもしれませんが、
自己分析は、就職活動中に、ずっと続けてやることです。

最後の最後までやり続けることです。
現実とぶつかって、傷ついて初めて自己分析が「本気」で、
はじまります。そこから自分の行動を選び始めるわけですね。

現実吟味をしなくてはならない毎日を迎えると初めて、
この自己分析が成果を出してきます。
やってない人は、ここで足を取られてしまいます。

第一希望はどこですか?

第一希望は○○会社です。


これが言えるようになるのが自己分析ではありません。

第一希望と第二希望と第三希望と、
全てがダメになったとしても見失わない自分はいますか?
その自分が、他人に対して生み出し続けられる価値はなんですか?

ということを考え抜き、
自分の言葉で伝えられるようになることが自己分析です。

そして、それは思い込みではだめです。
自分自身の世界観の中だけで編み出された言葉でもダメです。
周りの人から評価される状態になっていることが大切です。

自分が傷つけられた時、自分のことがカワイクて、
自分を攻撃から守ろうとする思考に走る人は、
運動会で転んでヒザコゾウから血が出てしまっているから、
立ち上がれない・・・
と泣いている小学校一年生と一緒です。

「泣くな!いや、泣いても良いけど涙を拭いて立ち上がれ!」

と、観客席から皆さんは声をかけるでしょ?
その時に自分の出せる価値に気付ける子は強いです。

 クラスのためにやるべきことは何ですか?そう、走ることです!
 それがクラスのためにやれる唯一のことだからです。

ではお聞きします。

10社落ちて、ボロボロになっている自分が3月末に誕生しても、
そこで涙を拭いて立ち上がって叫べる、動きだせる基準になる

「(社会や集団に対しての)アナタの価値は何ですか?」

これが自己分析です。これをやり続けないといけません。
絶対的な正解はありませんが、答えを生み出し続けないといけません。

最後の最後まで自己分析をし続けるのが、この時期です。

ひとりで答えが出なそうならば、
とにかく周りの人に声を掛けまくって、
色んな人と深い話をしまくってください。

こんな時代ですから、目の前の人事でも良いです。
足掻いて足掻いて下さい。奇麗な就活なんてないですから、
こっからはドブ板戦!ドロまみれ戦術です!頑張りましょう!!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

内定者研修CHANGE

私は今日も元気に会社におります。

建国記念の日ですから、そっち系の読書をし考えたい国際情勢ですが、
先日も書きました通り、今は内定者研修などセミナーピーク期です。

ただ、今日のコンテンツは私が話すのではなくパートナー会社の
マングローブさんが担当して下さいました。
お昼前から夕方まで、わざわざ弊社に来て下さっての最終研修日です。

s-DSC_0209.jpg
<すごい豪華メンバーに、ご登場をお願いしました。>

会社に入ってからの考え方や上司とのコミュニケーション法など、
もっとも実践的な研修がなされるのが今日です。

時に厳しく、時に楽しく、それを達成するために「本気」で!

<グループワークも立ちあがって議論するほどの盛り上がり。>
s-DSC_0192.jpg

終了後の感想も色々でした。

・就活中と違う自己理解が進んだ。
・全ての日の一貫性が通っててわかりやすかった。
・思考を書き記すことの大切さを学んだ。
・初対面のメンバーとの時間の大切さを再認識した。
・一番不安な時期だったので、しっかりしようと思った。
・初日の講師が怖かった。


などなどですね。

自己分析系はコンテンツ的である私が担当した初日が、
一番内容的に難しいのか、ゆるーい学生感覚から気持ちが、
研修モードに切り替わるのが苦しいのか、一番不人気な感じでした。
(「講師が気のりしなそうな顔」と評されてしまう始末・・・笑
 私が一番、楽しんでいると思うんですけどね・・・反省です。)

ま、私は人気取りでやっているわけではないので、
初日を担当した私が一番、最終日での全員の顔つきの変化に、
気づけたと思うと「一番おいしい役」だ!と思っています。

必死に取り組んでいる姿をみて、なんだかグッと来ましたし、
最後に記念撮影をするシーンなどは、卒業式のような気持ちでした。

s-DSC_0196.jpgs-DSC_0191kk.jpg

BGMに、遠く遠く♪が流れていて、社会の中で頑張ってほしいと、
思わず、心の底から彼らにエールを送りたい気持ちになりました。

我々は、若者と企業の成長を前提とした・・・という理念を掲げ、
大学生と向き合っている以上、1年生〜4年生までの成長を、
考えなくては、本質的な育成支援型採用など、
描けないのではないか?と、ふと思いました。

人と話すときに相手の背景を想像しながら話すのが、
社会人のコミュニケーション法だとするならば、
就活生の世界だけの言葉では相手に何も伝わらないことを、
今回の研修と普段の生活を振り返り再認識しました。

我々がコミュニケーションをしている就活生という視点は、
大学生への視野に比べ狭くはないだろうか??と気づきました。
予想よりずっとです。頭でわかることと感じることは別ですからね。

次への進化をするために、ここは改善しなくてはいけないですね。
昨日は1年生の学生と、さんざん、コミュニケーションして、
今日は4年生を半日眺めながら、この成長感覚をしっかり社会へ、
そして企業へ繋げていくことが出来なければ、終始一貫しての
学生の成長を支援している組織とは言えないだろうと感じました。

今回の内定者研修の名前はCHANGEと言います。
このプロジェクトを通じて、企画側の私自身もCHANGEしていく…
そんな感覚を改めて手に入れました。

振り返りをし、反省をしながら、前へ、前へ・・・ですね。

posted by 就職エージェント熊沢 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ウチの内定者も・・・

今週は内定社者研修がピークです。
半分愚痴ですが。。。さすがに内定者研修で3時間、
そのあとに採用系のセミナーで2時間話をすると、
テンションがおかしくなります。疲労もピークです。

まだ火曜なのに・・・でも、セミナーシーズンも後半!!
今期もヤリキル為に、前を向いて進みます。

s-画像 036.jpg

気を取り直して!今週を乗り越えていきましょう!

ちなみに、就職エージェントの自社の内定者研修ではありません。
採用のコンサルタントとしてお話を方々でしていると、
「ウチの内定者も一つ、鍛えて下さいよ…」なんて話を頂きます。

某テレビ局のグループ会社から、流通の卸の会社、
そして、IT系の会社まで、合同で研修を行います。
この合同というところに、就職エージェントらしさ・・・
企業様からの御期待を頂き依頼を頂くわけです。ありがたい話です。

共に社会を支えていく、社会に出ていくという意味では、
会社は違えど同期ですからね。会社ごとのチームにはぜず、
まざり合いながら「個人の成長を支援する」内定者研修は進みます。

我々が思うに、大量の企業データと大量の学生データによる
マッチングのみで採用を型作っていく作業はもう古くて、
それ以外の行為が必要になってくると思っています。

要因は色々ありますが、そこは置いておいて・・・
それ以外の行為とは、二つです。

@育成支援型 A発掘探索型 です。
Aの機能が就職エージェントのメイン機能だと思われていますが、
就職エージェントは両方の機能をもっています。

その中の一つに@の内定者研修はあります。

多くの学生が自分を立てていくために、
就活や研修を利用して、社会に出ていく・・・
その一端に携われせていただく幸せをかみしめています。

いったん、木曜日の研修が終わったら、彼らの感想に聞き耳を立て、
その育成型の価値に関して再確認してみたいと思います。

s-画像 027.jpg

今日は疲れたので・・・寝ます。。。

posted by 就職エージェント熊沢 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

面接は価値観と価値観のぶつかり合い

今日は面接セミナーでした。
あまり早くから面接セミナーをやっても仕方がないので、
年明け一ヶ月、やっと実施できるコンテンツで、今期2回目ですね。

s-画像 003.jpg

結論から言うと、面接は価値観と価値観のぶつかり合いです。
自分が価値観を立ててないと、一瞬で敗北します。

そして、その価値観と価値観のぶつかりありの先に、
新しい価値観と信頼関係を手に入れられた時にだけ、
「合格」というチケットが手に入りません。

信頼関係が作れない場合に<御縁がなかった>とされるわけです。

わかりやすいものです。

ボコボコに殴り合って、最後に両者が立っている状態をつくり、
ドローに持ち込むか、自分に優位な判定に持ち込むか、
そのどちらかの状態が理想です。無傷での合格は有り得ません。

テクニックを磨いて相手の攻撃をかわすものでもなければ、
相手の守る門を突破するために門番(人事)を倒すために、
効果的な打撃や呪文を相手にぶつけるものでもありません。

自分の価値観をアウトプットするためには、
自分の価値観を確立する方向をヨワヨワしくてもみつけることです。

自分の価値観を確立するためには、自分の外側にある強烈な価値観に、
多く出会い、共感し(影響を受けて洗脳されることとは別)、
逆に拒絶(自分の価値観とは違うと認識)することです。

皆さんの周りには強烈価値観を確立している存在はいますでしょうか?

・友達にはいないでしょうね。
同じような価値観の人しか友達とよばないでしょうから。

(価値観の違う人は、空気読めないヤツ…とか言って、
 近くに置かず、好奇心も持たず、排除するのが常ですからね。)

・家族ではダメでしょうね。
幼少期から価値観を見せられている存在から受けたものは、
拒絶することはできず、それは教育とか躾とか言われ洗脳に近いです。

(かつ、最近の親は価値観を確立してないことすらあると聞きます。)

s-画像 021.jpg

他大の就活友達とのガッツリトークは、結構、気づきがあるものです。
もっと良いのは、OB訪問や企業回りで価値観まで、
聞きこむことですね。その個人や集団がビジネス界で生き抜くために
得た価値観は、皆さんを刺激してくれるはずです。

私は、それに加えて大学教授をお勧めします。

大学教授は価値観の塊です。

知識・学問という情報量を武器に、
集団に属さず、まるで個人事業主のように
思想と個性を光らせまくっている特殊な職業です。
正解か不正解か、善か悪かではなく、彼らは確実に価値観の結晶です。

今日、お邪魔したとある教授のOBOG会でも、
その先生の価値観に同調する多くの卒業生が集まり、
その先生をしたう多くの学生が交流を図っていました。

先生はお酒もすすんだからでしょうか。一年間を振り返り、
「大学生のキャリア教育をどうにかしたい、
 うまくいかないことも多くある。限界も現状も実力も認識している。
 それでも、やりたい。やらねばならない。自分がやらなくて、
 誰がやるのか。このままでは良いはずはない!」
と、
大勢の前でマイクをもって涙をしていました。

そんな価値観を前に、学生たちが価値観を磨かないわけがないですし、
同調するかしないか?は自由ですが、影響をうけるでしょう。

学生や集まった社会人達は、そこに共感するかどうかは別にして、
また自分自身を見つめたことでしょう。

この繰り返しが、自分の価値観を強め高めるんだと思います。
価値観にぶつかり、自分を見つめられない大学生時代など意味はなく、
それを経験してきたか?を企業の人事は問うわけですね。

今からでも遅くないです。

多くの人に会い、多くの言葉を自分の中から出し、
自分の価値観を確立して下さい。応援しています!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

iphone見ると学歴による情報戦が丸見え!

今日も、3年生向けセミナーでした。
自己分析のセミナーを久々にやったので、100分で終わらすところを、
125分の汗だくトーク…休憩なしでは…
ちょっと長すぎでしたね…迂闊にも疲れました・・・。

s-画像032.jpg

ただ、疲れるぐらいがちょうど良いです、
終わって、余裕かましていては、魂が入ってなかったことになります。
セミナー後には、いつもヘロヘロな状態でいないとイカンですね。

今回は就職エージェントの会員さん向けではなかったので、
就職エージェントのページを見ても載ってません。
今期の私のセミナーは、この手のセミナーが多く、
あまり就職エージェントの会員さんのための時間を作れてません。

じゃ?誰のためかというと・・・。

それは依頼をしてくれた人事のためですね。正確に言うと、
その人事の会社にエントリーをしている学生さんのためです。

エージェントですから、すべての学生さんに
平等に時間を使っているわけでは、ありません。

そもそも、平等ではないですね・・・就職活動の情報戦は。。。
iphone持っている人の方が、PHSしか持ってない人より有利ですし、
そこにはお金がかかりますしね。資本主義ですから、投資の量で、
より儲かる可能性のある人の所に情報は集まるわけです。

東大生の親の年収平均が、どこの大学の親の平均年収より高い・・・
国立なのに。。。ですよ。そんな時代です。教育費も投資ですからね。

あ・・・そうそう、iphone持っていると
そのあたりの学歴による情報戦が丸見えです!
なんて記事がyahooに出てました。

ちょうど、昨日生田先生とその話をしていたので、
知り合いのMIXIの記事を拝借。。。タイムリーな話ですね・・・

そもそも各大学を区別してメールが打てるようになってますよ。。。
どこのナビでも・・・人事側のページからだと。。。普通です。
それどころか、学部と学科まで分けてDMが打てます。
大学名による学歴というか、学部やら学科まで分けられますよ。実際。


ただ、学歴は武器ではありますが、
それを使いこなせるか?は、その人次第ですね。。。

「東大なのに・・・この程度?」とか「早稲田なのに・・・慶應なのに・・・」
って言われ方はよく耳にします。逆効果ってヤツですね。

それに、有利だからと言って、これだけ大学全入時代になってくると、
仮面浪人するのはナンセンスですし、大学名より高校名だ!って、
話も出てきますし、そんな話していたら、どこまで行くのでしょう。

中学時代からずっとそうなの?幼稚園時代から御受験が重要なの?

そう言う話ではないですね。
努力の価値を知っている人に、光が射してくるわけです。
それは社会に出てからも、ずっと・・・そうです。

そう思ったら、学歴の話を嘆いている場合じゃないですね。

いま・・・努力しましょ。

今から、ここから。

頑張っていきましょう!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

セミナーのテーマは自己PR

今日も学生さんが、沢山きてくれました。

私のセミナーが13時〜
生田さんのセミナーが16時〜


両方とも満席です。雪なのに・・・。雪モバQ雪

s-画像 001.jpg

私のセミナーのテーマは自己PRだったのですが、
このテーマが今年は申込がいいですね。

私のセミナーの自己PRの説明は、
「関係性を作ること」を意識して喋れるか?を徹底します。

とにかく、学生さんはこれが苦手そうだからです。

新しい相手との関係を作っていくことが、
あまり必要ないんでしょうね・・・情報化社会なので。
人に聞かなくても、情報さえあれば、なんとかなったのでしょう。
ドラクエを攻略するのに、隣のクラスの人と無理やり友達になる…
なんてことは、経験がないのではないかもしれませんね。

大学になると、特にPCに関する能力があがり、
誰かから言われたことは、情報を集めればこなせますからね。

ただ、就職活動は0から何かを作っていくことですから、
自分の心の中を検索するために色々な人に会い、
その人の力を使輪せて頂き、自分の心を定めていきつつ、
その協力者にどう貢献できるか?を考え、アピールしていくこと・・・

ま、簡単じゃないですね。

OB訪問に行かなかったり
恋人ができなかったりするのも、この現象でしょうか。

s-画像 005.jpg

年々、私の名刺を貰いに来る学生も減ってます。
私はセミナー参加者個人情報を全部登録データとして持っているので、
講師の方々と違い「名刺を配りますよ!」なんてことは、
私が言わないから、自発的に関係を構築しよう!と、
思っている人が少ないのでしょう。

「熊沢さんって、ESの添削をしてくれないんですかね〜」

そのつぶやきは、ナンセンスですよ。

私が何を考えて、何に困っているか?を開示した瞬間に、
そこに滑り込んできてくれる学生さんもいます。
私がにを求めているかわかることで距離を詰められるのでしょう。

それはそれで素晴らしいことですし、嬉しいんですけど、
その一回のキャッチボールだけでは関係は作れるわけではなく、
そこから関係性をつくって、形にしていけるかどうか?

ここが勝負ですね。

これから面接シーズンになるわけですが、
大切なことは相手の質問に答えるノウハウではなく、
相手と関係性を構築するノウハウですよ。

雇用契約を結んでほしい・・・ということで行くわけですから、
その関係性をつくりにいくわけですからね。

いろいろな社会人と関係性を構築する練習をしてみてほしいです。
それが、最終的には自己PRのセンスを磨くことになりますから。
posted by 就職エージェント熊沢 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

人事の方たちも必死ですね。

今日は、C-SQUAREに人事が大集合していました。

ま・・・アライアンス企業様の関係もありますので、
あまり全部をお話することはできませんが、
就活生が集まっているだけが、C-SQUAREではないわけです。

その中で、就職エージェントの考え方や、システム、
そして、今の学生のナマの姿の情報を共有します。。。

s-DSC_0045.jpg

人事の方たちも必死ですね。
集まった人事の総数は、40名を超えていました。
まるで就活セミナーバリの満席状態でした。。。驚きました。


採用人数が拡大している時代なら、
エントリー者が増えるのは嬉しいですが、
採用人数が縮小している現在は、
エントリー者が増えるのは・・・嬉しいのでしょうか???

しかも、その増えている理由が・・・学生いわく、
「不安なので、一杯まわらないといけないと思って・・・」です。

採用側からしたら、やってられないわけですね。

良い学生を、(少ない予算を駆使して)効率よく採用する方法を、
必死に考えているのが今の人事の方々です。

結論は、二極化ですね・・・。

優秀な、有能な学生さんは採用したい。
それ以外は、できれば会いたくない。。。

皆さんは、どっちですか?

大学のレベルの話じゃないですよ。

ちなみに、ダーゲット大学を決めている企業は、
調査した企業の中で、31% 
その中で、1校〜10校に絞っている会社が、60%だそうです。

ってことは、なんとかしてチャンスを掴み、
会った後の実力勝負ってことですね。

実力をつけるのが先です。

会社説明会をこの時期に開始していない企業は、全体の約8割で、
これは、去年の約7割より、大幅に高い数字です。
要するに、まだまだ始まってないわけです。

武器を・・・武器を探して下さい。

その武器は、外の世界にも、ネットの中にもありませんよ。

自分の中にしかないです。そのオリファルコンを磨くのです。

がんばっていきましょー。




posted by 就職エージェント熊沢 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

グループディスカッションについて、考えてみたい

今日は昨日のイベントを受けて、
グループディスカッションについて、考えてみたいと思います。

私がグループディスカッションのセミナーを始めたのが、
2007年卒の学生さん達からなので、もう5年になります。
年で300人延べ約1500人に対してやっていると思います。
ディスカッションパフォーマンスには変化を非常に感じますね。

まず、以前に比べてディスカッション後の発表に、
意外性や面白さが無くなってきています。残念です。。。

「え?20分のディスカッションを6人でやって、
そんな程度の答えしか出ないの?」
という感覚です。

最初の状態の意見が、凄く良かったのに、ディスカッションしたら、
尖っていて面白かった意見が、当たり障りのないつまらないものに…
なんてことがよく見られます。(過去の学生さんと比べて!ですよ。)

それから、女の子がパワフルですね。いわゆる肉食的な話です。
仕切る女の子や発表する女の子が、以前より増えましたね。

逆に言うと男の子が元気ないです。強烈に。
女の子の元気が増したというより男の子の元気が減ったという方が、
表現として正しい気がします。男の子の強烈な事なかれ主義を感じます。

やはり男の子はイメージや妄想重視で、(「夢!」とか「愛」とか)
女の子は現実重視なのでしょうか。(「プレゼント!」とか)
現実世界で見ず知らずの人とコミュニケーションした経験値が、
女の子に比べて、男の子は少ないのでしょうか?

もしそうなら、男の子は携帯ゲームやポータブルゲームや
テレビゲームは一日一時間まで!と、
法律で定めるべきかもしれませんね。。。むしろ憲法に、
「常に人と接していなければならない!」という下りを・・・。

そのあたりをブツクサ考えてましたら、下記の3点が見えてきました。
グループディスカッションで見えてきた学生さんの特性です。

@他者の背景を想像する能力の欠如している。
  (他者が集団になるとキャパオーバー)
A自己価値タフネスの欠如している。
  (自分の意見・価値が傷つくことへの強烈な怯え)
B就活対策マニュアル漬け
  (イレギラーの展開にまったく対応できない)

これが原因だとしたら主体性が出ない議論にならないのも、
うなづけるなーと思います。

ケンカするのがディスカッションではないと思いますが、
ケンカばりにシノギを削る意見交換をしたことがない学生さんには、
ディスカッションなど無理なのかもしれません。。。

個人的には、@よりもAの方が心配です。
自分のことが認められない。好きになれない。愛せない学生の増加は、
うつ病や自殺の増加にもつながる緊急かつ重要な社会問題ですね。

やっぱり、小学校で全員相撲を取らせ心を鍛えるしかないですかね。
裸で体と体をぶつけ合って、相手への思いやりや、
相手が生きていること、自分が生きていることを感じていく・・・

素晴らしい競技ですね・・・

もう、貴乃花親方に勝ってもらうしかないですかね・・・。

ま・・・結局、回数をこなすしかないですね。
知らない人とのコミュニケーションの回数をい多くこなすことですね。
続きを読む
posted by 就職エージェント熊沢 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

〜志望動機の常識を疑え!〜 by福島直樹氏

こんにちは!

今日は、ブラッシュアップセミナー

福島講師の「就活を疑え!」 〜志望動機の常識を疑え!〜

が行われました。

志望動機は難しいですね・・・
私の調べたところですと、東洋大学・聖徳大学の履歴書には、
志望動機を書く欄がなく、南山大学は自己PRと一緒になってます。

大企業の人事の中には
「志望動機なんてみませんよ。たいしたこと書いてないし、
選ぶのはこっちだから・・・みんな同じだしねー。参考程度でしょ。」
なんて言う人もいます。

自分なりの言葉をその企業ごとに作りたいですね。
s-DSC_0030.jpg

福島先生は、07年卒の学生さん対象のセミナーを、
就職エージェントが始めて、ブラッシュアップセミナーを
ここで開催したときに、お話頂いた方です。

5年前から、毎月毎月お話頂いているわけですから、
就職エージェントだけでも福島さんのセミナーに参加した学生さんが、
何人・何十・何百人いるのか・・・数えられません!!

(私が就活をしていた2000年も、どうやら・・・
 私の大学でお話なさっていたとのことです。しかし、私は・・・)

今日も大勢の学生さんが集まってくれました。
土曜日で、テスト期間真っ只中にもかかわらず、大入ですね。

s-DSC_0029.jpg

土曜日のセミナーは、必死にマジメに聞きにくるもよし、
普段会話をしない他大の方との時間を過ごしにくるもよし、
「土曜は完全に気分転換ですねー」と言っていた先輩もいましたね。

就職活動なんてのは、「可愛らしいフテブテシさ」が必要ですね。

と、言っていた先輩もいましたね。

やっぱりフテブテシサが重要ですね。

不況だから・・・とか、リスクを考えると・・・とか、
ヤバソウだから・・・とか、自分が傷つくとか、損をするとか、
そこにばかり焦点が当たる人は、肉を切らせて骨を断つ!は、
出来ないですね。籠の中のおびえたウサギではなく、
鷹をおちょくって逃げ切る野兎になってほしいです。
野生の狼じゃなくていいですし、草食系でも良いですから。

そうですね・・・ナルトで言ったら、サスケの様に、
不器用で不細工に血らだけになってでも、泥まみれになってでも、
自分の未見の世界ので、最強の武器を手に入れてほしいわけです。

ここから先の就職活動は、いよいよ人事と対面します。
「良い子」だけでは生きていけない社会の現実がまってます。

自分のことだけ考える子供ではなく、相手の世界を感じて、
言葉を編み、自己PRや志望動機を繰り出せる大人になってください。

がんばりましょう!!
posted by 就職エージェント熊沢 at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

就活合宿2日目

合宿2日目です。

今回の合宿には色々な社会人の方が参加されています。
社会人の方の多くは大学のOBの方々ですが、
私のような就職支援会社の学校担当の方もいらっしゃいます。

私としては後者の方々とのコミュニケーションは、
非常に価値があり、競合・・・とまではいきませんが、
同業他社とリアルでお話出来たのは貴重な経験でした。

ただ、学生さんにとっては前者の価値がありますね。
OB訪問の逆バージョンなわけですから凄い話です。

中には、学部のOB会会長さんも来てらしてました。
(この方は、警視庁でお勤めになった後、
 今は一部上場企業の人事をされています。)

「そうえすねぇ、警察辞めてからは、道場で後輩の面倒みながら、
バイクを乗り回してますよ!
すっかり隠居気分ですかね?いや!まだまだですよ!」


と言っては、鍛え抜かれたにライダースーツで白髪の後姿、
ハーレーダビットソンに跨っていらっしゃいました・・・・。

そんな人・・・普通は会えないですもんね。

「大学のために、後輩のために、何かやりたいんですよ!」

と言い放ち、さらには、

「出る杭は打たれる!ってあるじゃないですか、
 アレ・・・出ないと打たれない!ってことですよ。
 若者なんか打たれないと、強くならないじゃないですか。」


と、笑い飛ばしていらっしゃいました。

若手の方もたくさん来てらっしゃいましたが、
そういう話を年配のOBから伝えてもらい、また後輩に伝えていく…

これは、大学でないと出来ないことなんだろうな。。。と思い、
この合宿に参加させて頂いたことに感謝をして、
ノリノリで講義を続けました。

勿論、模擬面接を少しやったくらいで、
面接力が上がるわけないんですが、それに加えて、
OBや社会人との接点をつくり、リソースを共有していく・・・
これは大学オリジナル企画ですね。なにしろ素晴らしい企画でした。

s-IMG_0013.jpg

内藤先生!!ありがとうございました!!!




ちなみにノリノリの理由は、これまた大学にしかない
「黒板」が嬉しかったのも、挙げられるかと思います。
チョークで大きく文字が書けるのって嬉しいです。

たぶん、小学校や中学校の時のクラス委員の気持ちに、
繋がっているんだと思います・・・もしかしたら、私は
小さいころに、教師という職にあこがれていたのかもしれません。

ちょっとしたところに、また自己分析を得られました。
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

就活合宿に参加

今日から、東海大学の就活合宿に参加です。

といっても、私は大学内に、
泊まりますが参加の学生さんは泊まりません。

インフルエンザの関係でしょうか?
予算の関係でしょうか?大学も時流との調整に大変ですね・・・。

昨年は山中湖でやった合宿を、今回も年明けに行うそうですが、
それとは別に、学内で行う2日間の特訓コースに、
講師として企画から参加です。参加は30名強でしたが、
集合時から緊張感があって素晴らしいスタートでしたね。

s-IMG_0001.jpg

内容とは別に感動したのは、
学内に宿泊場所を用意してくださったことです。

さすが総合大学は施設が贅沢ですね・・・
私なんぞに個室を用意して頂きました。

s-CA390195.jpg

「今日は宿泊人数が少ないので、小浴場で・・・」と言われましたが、
これがまた大きいお風呂でして、一人で泳ぎまわってしまいました。

個人的には就活合宿の企画には大賛成です。
やはり、自分の未来を考えるというのは慣れないうちは非日常です。

その非日常を味わう為には、生活と切り離した時間と空間で、
徹底的に集中して行うのがいいと思います。

今回は面接対策だけですが、非日常を利用して、
本当はもっと前に自己分析で行えると良いのかな???
と想像を膨らませて床につきました。

また明日、じっくり考えてみます。

おやすみなさい。
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。