2010年09月14日

「読売新聞出てるぞー」とメール

おはようございます。

今日も東京理科大にお邪魔するので準備をしていましたら、
今朝、何人かの方々から「読売新聞出てるぞー」とメールを頂きました。
ご連絡ありがとうございます。
流石に記者の方からご連絡を頂いていますので、知っています。

押尾学さんの裁判のニュースを見ながら新聞を見させて頂きましたが、
マスコミの皆さんもどうせ世の中を煽るなら、
内定を獲得したければ、この夏の終わりには、OB訪問を、、、や、
12卒就活スタート!の足掛かりに社会人に興味を持ちましょう!みたいな話も
織り交ぜて欲しいものです。これでは若者はMDMAへの興味を持ちゃいますね。。。

ただ、押尾被告が「わが身の保身」を非難されているのと、
「なんか大変そうだから、OB訪問するのは辞めよう・・・」と思うのと、
焦点が自分にしかあたっていないのは似てますね。自分のことしか考えていない。

焦点が<自分と社会の関係>に、あたってないわけです。
その関係におけるギャップの大きさを自覚して、めちゃくちゃ焦る・・・
ってことを感じて欲しいです。自分の世界だけにいても社会への扉は開けません。


OB訪問を通じて、社会への扉を開く練習をする時に、
絶対に意識するべきは<信頼関係を構築するんだ!>という意識です。


そのあたりは、また26日に参加された方にお話できればと思いますが。。。


つまりは、<自律と依存>を意識して、
相手になってくださる社会人と、自分は個人として責任をもって向き合う!
という意識です。今朝の新聞にも「もらう」という表現がありましたが、

「誰かが社会人を紹介してもらえる

「誰か、キーマンがつないでくれる

なんて思っている人は、甘えん坊です。それは依存です。
キーマン達も、そんな甘えん坊と、信頼関係を作りたいとは思いません。
社会に依存するつもりでは、OB訪問の扉は開けません。本番の面接も同じです。

「@自分がキーマン達との間に作る信頼関係」が生まれなければ、
「Aそのキーマン達とターゲットとなる社会人との信頼関係」を、
お借りすることはデキマセン。

@とAを足して、初めて扉が開く一つの信頼関係は成立します。

個人的に責任をとるから「信頼関係をお借りして、自分でドンドンつないでいくんだ!」と、
思えないと、そこは繋がっていけないですね。。

目には見えませんが、信頼関係と信頼関係を網の目のように張り巡らせて、
社会は成り立ってて、その網の目の一つに自分も絡んでいくんだ・・・
という感覚を持ってほしいものです。(アバターの髪の毛の先っちょみたいな感じです。)

どんどん、信頼関係リンクを広げていきましょう。


4988142775429.jpg

<アバターの髪の毛の先っちょの話・・・・>
彼らが聖地として崇める場所には、魂の木と呼ばれる夜光性の木があって、
そこへナヴィの長い髪の先にあるフィーラーという神経線維をつなぐと、
パンドラを守る神や亡くなった先祖とアクセスできるのでした。
こうした神経線維ネットワークを「エイワ」といって、
パンドラに生きる植物も動物も、すべてこのネットワークで結ばれている存在なのです。



posted by 就職エージェント熊沢 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

若者を犠牲にする生き様と死に様



今日は朝から、池袋の大学に訪問して、
午後に4年生30人の前で話して、
そのあと、読売新聞の政治部の記者さん(就活ページ担当)の方と、
一時間以上、取材でお話しをして、
夕方から烏山の大学の方とお酒を飲みました・・・

目まぐるしい一日で、帰ってきたらこのニュース。。。

しかも、なんでも全国で60人を超えているとか・・・

私はキャリア的に政治に理解があり、大抵のことでは腹が立ちませんが、
さすがにこれはテレビに向かって吠えましたよ。。。

一体、この老人たちに無駄に費やされた金額で、
何人の大学生の就職ケアが出来たのでしょうか?
何百人のエントリーシートが添削できたのでしょう?

厚生労働省ってのは、厚生だけを考えている省で、
あげくだまされている省なのでしょうか?何年も?
(職員も誰か気づいてたでしょ?本当は・・・さ。。。)


老人コスイ感覚に、若者が悲劇のどん底を這って進む社会が現代ですかね?
『桃太郎のバアさんが川で桃を拾って、家までに食っちまった・・・』
という話の2000倍ぐらい酷い話ですね。。。


キャリア関係の方々とお酒を飲むと、
「死ぬまでに何をしたいですか?」なんて話になります。

喫茶店とか、民宿とか、若者のキャリアを支援する活動を・・・とか、
色々な話が出てきます。
(ちなみに、私はエコ活動。最近は農業もありかと・・・。)

でも、絶対に死んでもやりたくないのは、
若者を犠牲にする生き様と死に様です。
私はそれだけはしたくないです。

今回の老人たち(特に、お亡くなりになった遺族の方々)は、
詐欺集団ですよ。語弊なく。。。死者を冒涜し、罪まで着せて・・・。
世代を代表して抗議すべきです。「ジーサン達、そりゃーやりすぎ!」と。
それで若者を泣かせて、そこまでして自分が生き伸びたいですかね・・・。

これも世代間のギャップが生み出した社会問題だ!っていうなら、
社会人訪問(OBOG訪問)をしない学生の姿勢と一緒ですね。。。

しかし、ここまで来ると、久々に開いた口が塞がりません・・・。
そりゃー外国の新聞にも馬鹿にされますよね。恥の国は何処へやら・・・。

なさけなし、長寿大国。なさけなし、厚労省・・・。

どうなっているやら・・・。

この問題は、皆でしっかり話をして学びを持つべきだと思います。
とりあえず、武蔵川親方とか、、、どうでも良いです・・・。
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

今年の4年生の内定率は。おそらく50%に届いていないです。



さて、いよいよバレテきましたよ。

内定率90%の秘密が・・・

大学生10人に9人が内定が取れているワケないんですよ。

毎年毎年、ウソばっか報道して・・・まったく。。。

先月と今月だけで20大学ぐらい訪問してますが、
各大学のキャリアセンターの方々の声を総合すると、
今年の4年生の内定率は。おそらく50%に届いていないです。

「半分いってないのかー。」

だから、この夏が勝負なんですよ。

動いてない学生さんも、
動けてないキャリア関係の社会人も、
もっとやれることありますよ。

学生さんも、キャリア関係の社会人も、
支えているのは21世紀なんですから。







posted by 就職エージェント熊沢 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

4年生向け合同説明会

就職エージェントでは、4年生向け合同説明会を、
月に2回実施しています。勿論、大規模でなく、ミニサイズですが、
それでも、昨年実績で一月あたり4人の内定が出る効果的な企画です。


しかし・・・この時期の学生さんは集まりが悪いです。。。
出席率が30%強という悲劇的な状態でした。

参加した学生さん達には、有利な状況が広がったのですけどね。笑
(既卒の学生さんも一人だけ間違って来てましたが、
 光ってました。やはり、覚悟が違うのでしょうね。。。)

4年生の現状は下記なのでしょうか。。。

暑いかもしれない、辛いかもしれない、
それでも戦うことを止めてしまったら、
勝ち名乗りは永遠にあげられないです。がんばりましょう。

TVTVTVTVTVTVTVTVTVTVTVTVTVTV


就職留年7万9000人、大卒予定7人に1人
7月6日3時8分配信 読売新聞


(元の記事は、すでに削除されています。)

卒業年限を迎えながら留年する学生が全国の大学で少なくとも
7万9000人いると推計されることが、
読売新聞の「大学の実力」調査で明らかになった。

 根強い企業の「新卒一括採用」を背景に、就職が決まらず翌年に
再び「新卒」として就職活動(就活)に臨む学生が急増している。
卒業予定者数は約56万8000人で、
7人に1人は留年している計算になり、
就職戦線のさらなる激化を招いている。
就職留年の実態が具体的に明らかになったのは初めて。

 「大学の実力」調査は、全国の国公私立4年制大学
(通信制などを除く)735校を対象に2年前から実施。
3回目の今年は、就職支援の取り組みを中心に卒業者数や就職者数など
約50項目を尋ね、約80%の589校が回答した。
その中で、卒業年次に在籍する卒業予定者と、実際の卒業者との差が、
2009年度は約7万9000人に上ることが判明。
この差について主な20大学で追跡調査した。

 この結果、
〈1〉退学・留学・死亡など留年以外の理由がほとんどない
〈2〉細かい実態は不明だが、留年者のほとんどは就職活動の不調が理由と見られる
〈3〉成績不良による留年は3年次までに集中し、卒業年次では例外的――
などの回答が得られ、約7万9000人のほぼすべてが
就職留年者である可能性が極めて高いことが分かった。


「大学の実力」調査の回答率(8割)から単純計算すると、
就職留年者の総数は約10万人に上る可能性もある。


 就職の実態については毎年4月1日時点で国が推計値を出しており、
今年は就職率91・8%と発表している。だが、この推計は、
就職を希望した卒業者を対象に調べたもの。
留年者は、調査対象に入っておらず、数もこれまで未把握だった。

 ◆卒業者含め「浪人」11万人

 国の調査では、約3万1000人が、就職が決まらないまま卒業している。
今回、明らかになった留年者約7万9000人を合わせると
就職浪人は約11万人となり、就職戦線が激化している計算になる。

 大学の中には、留年者の学費を一部免除するなど、
対策を講じるところも出ているが、大半の大学では、
就職留年の詳しい実態をつかんでいない。
在籍学生数が学部定員の一定割合を超えると補助金カットなどの
ペナルティーが科されることもあり、
対策を実施しているのは一部の大学に限定されている。

 今月3日、東京の私立大学が開いた企業合同セミナーに、
この春希望する会社に入れず留年した文学部4年の
男子学生(24)の姿があった。

今年も既に20社の選考を受けたが、内々定はまだ一つもない。
2日前には家電メーカーに最終面接で落とされた。
「厳しい。最後まで行ったのに……」と肩を落としていた。

最終更新:7月6日3時8分

posted by 就職エージェント熊沢 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

人事担当者の仕事とスキルに関する調査


労務行政発行の労政時報(10年6月25日号)で
人事担当者の仕事とスキルに関する調査』の発表がありました。

それによりますと、「保有する人事業務関連の資格」で
第1位「衛生管理者」(40.7%)、
 第2位「社会保険労務士」(8.0%)に続いて、
 第3位「キャリアカウンセラー」(3.5%)でした。

『労政時報』とは?
 
昭和5年に創刊。70余年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した
専門情報誌です。人事管理、賃金、雇用管理から官庁データ、
法令、判例解説まで、会社・労組の実務家が求める最新情報を、
データ・事例・解説を三位一体で編集しています。


将来的に、人事がやりたい!という学生さんをよく見かけますが、
内定後は、なんでもいいから勉強をしておくことをお勧めします。


よく遊んどけ・・・なんて言われますが、

社会人になった後の方が、お金があるので、遊べますよ。

というか、きっと勉強すること以上のあそびなんてないですよね。

posted by 就職エージェント熊沢 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

4年生就活生のキャンセル率




就活生のセミナー・イベント参加率は低いですね・・・
ここ数年で低くなり続けている気がします。

不況なのに?と思うかもしれませんが、
不況下のキャンセル率は、好況下のキャンセル率とは、
大差がないですね・・・焦りと行動は別です。。。
.
そのキャンセル率を超えて、4年就活生と会います。
それが仕事ですからね。今日も、50人以上と会いました。
一体、申込者は何人だったと思われますか?

このブログを読んで頂いている皆様は、
「4年生の就活生」と言った時にどんな学生さんを、
想像するでしょうか?

・悲壮感に包まれている学生さんでしょうか?
・聞いたことのないような学校(学歴差別の被害者)が
ほとんどなのかな・・・と、想像されるでしょうか?
・常識の無い、スーツをしっかり着てこられない、ないしは、
髪を黒く出来ない学生さんを想像されるでしょうか?

実態はまったく違います。

それこそ、最高レベルの偏差値を誇る東京大学は来なくても、
今日は早稲田の学生さんも、慶応の学生さんも来ました。
理科系の大学の学生さんも受付に来ます。

そして私の前には、それなりに笑顔の学生さんが並びます。
隣の席の学生さんとおしゃべりをしていたり、
私の話に表情を緩めたり、笑いあったりしている学生さんが
ほぼ100%スーツをきちっと着てきます。

言われたことはきちっと出来ますが、
自身のハートの整理は不得意・・・という感じでしょうか。

イベントキャンセル率しかり、社会の労働環境現実と、
学生さんの就労感覚の現実とのギャップは強烈にありますね。。。
これを埋めることが、本質的には一番の就職活動でしょうね。
posted by 就職エージェント熊沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

インテリジェンス買収へ 米ファンド、USENから 金額、320億円前後の見通し



いよいよ人材ビジネスは新時代に入りますね・・・

インテリジェンス買収へ 米ファンド、USENから
金額、320億円前後の見通し
2010/6/12 2:01  


米買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は
11日、USEN子会社で総合人材サービスのインテリジェンス
(東京・千代田)を買収する方向でUSEN側と最終調整に入った。

買収金額は320億円前後とみられる。
KKRにとっては日本で第1号となる買収案件で、
海外ファンドによる日本企業への投資再開を象徴する動きとなる。


 有線放送最大手のUSENは転職サービス「DODA(デューダ)」
などを手掛けるインテリジェンスの持ち株比率を段階的に高め、
2008年に同社を完全子会社にした。だが、その後の景気悪化で
09年8月期には2期連続の最終赤字を計上。

財務体質の改善に向けてインテリジェンスを売却する方針を決め、
入札方式でファンドを中心に買い手候補を募ってきた。

 今月初旬に締め切った最終入札にはKKRに加え、
米大手のカーライル・グループや国内最大手の
アドバンテッジパートナーズなど有力ファンドが応札。

最高価格を提示したKKRが優先交渉権を獲得し、
最終合意に向けてUSEN側と条件の詰めを急いでいる。

 KKRは1976年に米投資銀行出身のヘンリー・クラビス氏ら3人が
創業した米買収ファンドの草分け。09年末時点で運用資産は
522億ドル(約5兆円)に達し、投資先企業は全世界で約50社に上る。

日本には06年に拠点を設立し、
これまで多数の投資を水面下で検討してきた。
今回のインテリジェンスの買収を機に、
日本でも投資を本格化するとみられる。
posted by 就職エージェント熊沢 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ネオキャリア、就職エージェントを子会社化 新卒紹介事業で業界首位に


就職エージェントは株主が変わり、新時代に入ります!


ネオキャリア、就職エージェントを子会社化
新卒紹介事業で業界首位に
(10/6/10)

総合人材サービス会社のネオキャリア
(東京都港区、西澤亮一・代表取締役)は、
2010年6月9日に取締役会を開催し、
新卒・第二新卒を対象とした人材紹介事業を運営する
就職エージェントの株式を取得し、
就職エージェントの株主である京都きもの友禅と
株式譲渡基本合意書を締結し、
就職エージェントを子会社化しました。

これにより、ネオキャリアは、
新卒紹介事業(新卒採用に特化した職業紹介事業)において、
売上高が業界首位になりました。
株券引渡期日は、本年6月18日を予定しています。

< 株式取得の目的 >
ネオキャリアでは、創業以来、新卒採用支援事業、職業紹介事業、
労働者派遣事業において、企業・求職者の成長支援を目的とした
各種採用サービスを提供しております。

これまで、中小企業ベンチャー企業を中心に、
ワンストップで採用支援を可能にする数少ない人材サービス会社として
ご支持頂き、現在までに延べ1万社以上の企業様の採用活動に
ご協力させて頂いております。

一方、就職エージェントは学生の就職活動支援を中心に展開しており、
昨今では新卒採用に特化した職業紹介事業である「新卒紹介」事業を
早期から手掛け、業界トップクラスの実績を残しております。

今回の株式取得により、ネオキャリアの新卒採用支援事業に、
就職エージェントの新卒紹介事業を中心とした各種サービスを
加えることにより、顧客企業、及び、就職を希望する学生に対して、
より効用の高いソリューションサービスが提供可能になります。

また、顧客企業の相互紹介により、
両社の顧客基盤の拡充を実現してまいります。
posted by 就職エージェント熊沢 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

6000人退社のリクルート、3度目の正念場


む・・・人材ビジネスの巨頭がグラグラ来ております。

6000人退社のリクルート、3度目の正念場(ビジネスリーダー)


 未公開株譲渡事件、ダイエー傘下入り、そして――。
今春、創業から50年の節目を迎えたリクルートが
3度目の正念場を迎えている。業績が急速に悪化、
この1年で6000人が退社するという異常事態に直面する。
リクルートに何が起こっているのか。

従業員の4分の1が退社

 「利益を確保するために人を切る。“普通の会社”になった
リクルートに未練はなかった」

リクルートのグループ会社を昨年退職したOBはこう打ち明けた。



たとえば、

自民だ民主だの与党が人気なくなっている日本政治に近いです。
自動車業界でいうところのトヨタが工場を動かさない感じです。
IT業界でいうところのyahooのWEBを皆がみなくなった状態です。

あら???比喩じゃなく現実のニュースですね。。。

どこも、同じようなもんだというわけです。

posted by 就職エージェント熊沢 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

入学者の48%しか、民間就職できてない!

まず、大学生の皆さんに、卒業した後の世界を御紹介・・・
要するに、100人の人に48個しか仕事がないということです。
在学中に仕事を見つけましょうね。現実をみて前に進み、
その中で夢を追いかけられる力強さを手に入れましょう!

総務省が28日発表した労働力調査によると、4月の完全失業率
(季節調整値)は5.1%と前月比0.1ポイント上昇し、
2カ月連続で悪化した。一方、厚生労働省が発表した
4月の有効求人倍率(同)は、0.01ポイント低下の0.48倍と、
8カ月ぶりに悪化した。



さて、大学生の皆さんには、卒業した後の世界より、
大学時代の話が興味ありますかね・・・。では、お勉強しましょう。

大卒就職率悪化、過去2番目=下げ幅最大、91.8%に
−文科省※記事などの内容は2010年5月21日掲載時のものです


 大学生の就職率は2年連続で低下し、
前年同期を3.9ポイント下回る91.8%となったことが、
文部科学、厚生労働両省の調査で21日分かった。


1996年度の調査開始以来、過去最悪だった99年度の
91.1%に次いで低い記録。下げ幅はこれまでで最も大きかった。

 文科省が調査した高校生の就職内定率も2年連続で低下し、
前年同期比1.6ポイント減の91.6%。
同省は「世界同時不況の影響で、採用を絞った企業が多かった」と分析した。
 両省は全国の大学や短大などから09年度の卒業生6250人を抽出。
就職希望者のうち4月1日現在で就職していた割合を集計した。

 大卒者の就職希望率は66.8%で、就職率は男子が同3.9ポイント減の
92.0%、女子は3.9ポイント減の91.5%。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)   ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)  ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

ざっくり計算してみましょうか。

大学生の学年全体の約67%の中で、
就職できたのが、約91%ということですね。

この春の大学生の学年全体が、約47万人です。
(ちなみに、入学時は59万人でしたので、卒業可能は80%です。)
で、その中の67%ですから、就職希望者は31.5万人ですね。
で、その91%が就職できたとすると、28.6万人が実数です。

59万人が入学して、就職できたのは、28.6万人です。

入学者の48%しか、民間就職できてないわけですよ〜。

これが実態です。


大学生たちがビジネス社会を支える実態の数字は、こんなものです。

48%しか・・・と思うと、ちょっと萎えますね。
ただ、今が暗闇かどうか?もわからず楽観視のは悪い楽観です。
大切なことは、現実をしっかり理解して、危険を把握して、
その上で、甘えを排除し、良い楽観視することです。

なんとかなるぜ〜!!!なんとかするぜ〜!!!とね。

さ、がんばっていきましょう!!



posted by 就職エージェント熊沢 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

派遣労働者4割減 09年度230万人(日経朝刊から)

posted by 就職エージェント熊沢 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

ドリーム・マッチ プロジェクト

中小企業求人の情報が行き届き、そのサイトに学生が興味を示したら、
世の中の内定率があがるとか、若年者の就職意識があがるとか、
そんな簡単な話なら、大学のキャリアセンターは、
苦労しないと思いますけど。。。もっと根が深いのではないかと…。

我々の目の前にある現状は、国が何十億円ものシステムを作ったら、
「ほい!」っと解決できる話ではない気がします。

下手したら、大企業を受けて、最終面接まで戦えた人ならともかく、
まったく大企業に歯が立たなかった多くの学生さんたちは、
むしろ、中小企業の方が、受かりにくいと思います・・・。

情報量が少ない・・・とか、そういう話ではないと思います。。。
原因はもっと、別のところにありますよ。
もし、このサイトを通じて中小企業が、大手に内定を取れなかった
学生さんをバシバシ採用したら、日本の中小は潰れますよ。。。

中小企業庁補助事業「中小企業経営支援等対策費補助金
(人材対策基金補助金)」により造成している基金を活用し、
中小企業の人材確保・育成支援を行う「中小企業採用力強化事業」として、
新卒採用に苦戦する中小企業と学生をマッチングさせる
「DREAM-MATCH PROJECT(ドリーム・マッチ プロジェクト)」を、
本日より開始いたしました
(委託先:潟潟Nルート、HP:http://dream-match.jp)。

HPから企業の求人情報と面談予定日を登録していただければ、
潟潟Nルートが学生との面談をセッティングします。また、8月以降、
全国7カ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)
で合同企業説明会を開催します。登録料は学生、企業ともに無料。



これで若者の未来を手軽に解決できる!
と思っている公務員や議員がいたら、
もっと現場にでるべきだと思います・・・

ま、システムがないよりは、ずっとましでしょうけどね。
この国の施策、ちゃんと効果検証されてるんでしょうかね・・・。

その内、仕分けられないことを望みます。

下手したら、参議院議員選挙で、
「あの計画がスタートしたのは私の功績です!」
なんて言う人がいたりして・・・おそろしい話です。
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

大学生の就職率は4月1日現在で91・8%


数字が出てしまいましたね・・・

業界関係者は、誰もが予測した数字ですけど。。。

それでも、自分が大学生の時の数字ほどは悪くなく、
当時の私は、「え?不況?なにそれ?」という感じで、
知りもしなかったですが、大学出て10年。。。元気にやってます。

その時、その時の時代の流れを柔軟に受け止めて、
生き抜きながら、自分の実力を高めていくことが、
一番賢いのではないか?と思います。

予想通りの人生なんて、何も面白くないでしょうからね。




文部科学、厚生労働両省は21日、
今春卒業した高校生、大学生の就職率を発表した。


大学生の就職率は4月1日現在で91・8%
(前年同期比3・9ポイント減)となり、
就職氷河期といわれ過去最低だった2000年の91・1%に
次ぐ厳しい状況となった。
高校生の就職率(3月末現在)も前年同期を1・6ポイント下回る、
91・6%にとどまった。


 長妻昭厚労相は同日の閣議後会見で「深刻に受け止めている。
非常に厳しい数字だ」と述べ、高校や大学などを卒業して
就職活動している人を1カ月間、試験雇用した企業に対し、
現行で1人当たり8万円支給している「新卒者体験雇用事業」の拡充を発表。

対象期間を最長3カ月間に延長し、最初の1カ月は8万円、
2カ月目と3カ月目にはそれぞれ4万円を支給する。
6月7日から本年度限りの時限措置。

 地域別での大学生では九州(沖縄を含む)が最も低く88・9%。
6年ぶりに90%台を下回った。
県別では福岡が82・5%で前年同期比4・2ポイント減、
長崎が88・2%で同4・1ポイント減、宮崎が88・4%で
同4・7ポイント減などだった。

厚労省は「九州は就職を希望する若者の人口に比べ、
まだまだ雇用の場が少ない」
と分析している。

 高校生の県別では、九州7県は佐賀と鹿児島だけが前年同期を
0・1ポイントと1・3ポイント上回り、
それぞれ94・8%と93・0%。福岡は3・3ポイント下回って
90・0%だった。



それにして、就職エージェント九州から、
続々と学生が送られてくるのは、こんなわけだったんですね。

金曜日に出張で九州にいっていた橋本道場主の現場報告に、
耳を傾ける週明けになりそうです。。。


posted by 就職エージェント熊沢 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

中国の若者に期待をするビジネス


日本の有名な社員研修会社が、
中国の若者に期待をするビジネスをはじめられるとのこと・・・

ちょっと焦りますが、うなづけてしまうのが、寂しいです。

News2u) - リリース日:2010年05月20日
リリース発行企業:株式会社リンクアンドモチベーション


経営コンサルティングの株式会社リンクアンドモチベーション
(東証一部、本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、以下LM)は、
2010年5月より、中国に進出する日本企業に対して、
中国人の人材採用支援サービスを開始いたします。

既に中国上位大学の新卒学生を企業に紹介することで実績のある
(株)クレディコム(本社:東京都渋谷区、代表:小宮謙一)、
(株)トランセンド(本社:東京都渋谷区、代表:武田信彦)、
ファーイースト・パートナーズ(株)
(本社:東京都新宿区、代表:朱偉徳)との業務提携により、
中国上位大学の学生を獲得するための採用支援が可能となります。

また、日本の上位大学で学ぶ中国人留学生、
中国ビジネスにおける即戦力人材の紹介サービスと合わせて、
新卒・中途採用でトータルな支援を実現いたします。
posted by 就職エージェント熊沢 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

公務員新規採用、4割以上減の大幅抑制方針

 政府は23日、各省庁の一般職国家公務員の
2011年度新規採用数を大幅に抑制する方針を固めた。

09年度採用実績(9112人)より4割以上減らす案が浮上している。

 公務員制度改革を担当する仙谷国家戦略相や
原口総務相ら関係4閣僚が同日、国会内で協議して大筋合意した。

公務員の定年前の肩たたきにあたる「早期勧奨退職」については、
各省庁などの再就職への関与がない場合に限り、
当面継続させる見通しだ。


こりゃ・・・なかなかデスネ・・・・ちょっとビビりました。
私の人事院統制に関する卒論も、ここまでは予見できませんでした。
(空想にまみれた作品にも関わらず、、、)

天下りも禁止して、採用もしないとあっては、
本当に天下国家を考えられる人しか、公務員になれないですね・・・

ん?

あ、それで良いのか・・・。




posted by 就職エージェント熊沢 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

来春の大卒求人数が2割減少 8年ぶり低水準

来春の大卒求人数が2割減少 8年ぶり低水準

 リクルートは21日、民間企業の2011年3月卒業予定者の大卒(大学院卒含む)
求人倍率は1.28倍で、前年比0.34ポイント低下したと発表した。
過去6番目の低水準で、前年を下回るのは2年連続。
求人総数は58万2000人で、前年比19.8%減少した。

 ただ、最も厳しかった2000年3月卒(0.99倍)や
1996年3月卒(1.08倍)ほどには落ち込まない見通し。

リクルートは「学生の質を問う『厳選採用』は依然続いているが、
一部の大企業では採用意欲に回復の兆しが見られ始めた」と分析している。

 調査は従業員5人以上の全国の民間企業7142社を対象に、
2月16〜3月10日に実施。回収率は62.4%だった



こうやって文字を並べると、もはや、この期に及んでは、
良い話なんだか、悪い話なんだか、よくわかりませんが・・・

(詳しく悩みたい方は、尊敬する常見兄貴のブログをご覧下さい。)

要は、求人倍率は1.28倍ってことは、
100人の学生に、128個の仕事があるということです。

よーく見つけましょう!!見抜きましょう!

必ず、世の中の役に立つステージはあるはずです。

posted by 就職エージェント熊沢 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

野菜価格高騰

ぼけーとニュースを眺めていたら、
最近、話題の野菜価格高騰のニュースが派生して、
規格外の野菜を店頭に出すべし!という話題が出ていました。

野菜高騰、官民が緊急対策 農水省「規格外も出荷を」

むー、これは興味深いですね。
足りない状態だからこそ、規格外のものが手に入るわけです。
私なんかは、味が良ければ何でもよいですからね・・・

受けたい企業がない!!持ち駒がない!

落ちていけば落ちるほど、受ける企業はなくなります。
ただでさえ、例年より、有料媒体で募集する会社が
少ないわけですからね。(学生さんから、そうは見えなくても・・・)

一方で、、、ですよ。

会社が少ないということは、その中に普段でてこないような、
規格外の会社・掘り出し物の求人がある可能性があるということです。

探し続けることが出来れば、きっと見つかります。

そんな素敵な「隠れた優良企業」との出会いを楽しみにして下さい。

立ち止まらず、探し続けることです・・・

posted by 就職エージェント熊沢 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

フリーター昨年平均8万人増

フリーター昨年平均8万人増
 178万人…今春卒業の2割就職決まらず

 産経新聞 4月10日15時39分配信


 ■景気低迷で雇用不安定に

アルバイトなどで働くフリーターの数が、
平成21年平均で前年比8万人増の178万人となり、
6年ぶりに増加へ転じたことが、10日までに総務省の調査で分かった。
景気低迷で正社員への就職が難しかったことが原因で、
若者の就職環境の厳しさがあらためて浮き彫りになった。

 厚生労働省などによると、就職を希望する今春卒業の高校生や
大学生のうち、今年1月末時点で約2割は就職先が決まっていない。
厚労省は「正社員を目指しながら、当面はフリーターで生活費を
稼ごうとする卒業生も多いとみられ、22年も増える可能性がある」
としている。

 フリーターは職業能力を高める機会に恵まれないため賃金が上がりにくく、
雇用も不安定だ。政府は雇用安定化策の強化を求められそうだ。

 総務省は、学生や既婚女性を除き、15〜34歳で、
アルバイトやパートで働く人らをフリーターと定義している。
同省の調査で、男性のフリーターは81万人と前年より5万人増加。
女性も3万人多い97万人となった。

 正社員としての就職が、より難しいとされる25〜34歳の
「年長フリーター」は、男性が4万人増の43万人と増加が目立つ。
15〜24歳も1万人増の38万人だった。
一方、女性は年長フリーターが前年と同じ48万人で、
24歳以下は3万人多い49万人となった。

これだけの人数を、国か親含め家族が養っているわけですよね。
国には、それによる収入(税金)は入らず、家族にも入らず、
これでは、国・社会が健康的に運営されているとは言い難いですね
大変は話ですね・・・

posted by 就職エージェント熊沢 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

今日は新入社員が電車に少ない気がするな・・・


新入社員が街にあふれる・・・今日は入社式の日です。

各社の入社式での社長コメントが明日にかけて紙面に載ると思います。

時代のリーダー達の一言ですから、チェクしたいですね。

最終面接対策にモッテコイ!!ですよ。




「今日は新入社員が電車に少ない気がするな・・・」

なんてひと言で、就職エージェントの朝礼は始まりました。


日経新聞はこんな記事ですね。

一斉に入社式 少数精鋭に期待、73万人緊張の船出

 新年度入りした1日、多くの企業が一斉に入社式を開いた。
今春の新入社員数は大卒と高卒の合計で48万6000人(日経推計)と
前年に比べ13%減、短大や専門学校などの卒業生を含めると
約1割少ない約73万人になったもようだ。
就職氷河期を乗り越えた“少数精鋭”に、
経営トップは強い期待を訓示に込めた。

 会社更生手続き中の日本航空が羽田空港で開いた入社式には
グループ18社548人の新入社員が参加した。
稲盛和夫会長は「世界を代表する航空会社として復活できるよう
全力で取り組む。私を信じてついてきてほしい」とあいさつ。
経営再建に協力を求めた。同社は新卒採用見送りを決め、
来年は入社式がない。


はてさて、今年の新入社員たち・・・頑張ってほしいものです!

posted by 就職エージェント熊沢 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

大卒内定率、最悪80%



ついにこんな数字が出てしまいました。。。
とんでみないことですね。。。恐ろしい時代になってきました。

しかもこれ、、、まだ序曲な気がします。
これから始まる時代の幕開けに過ぎない気がします。

5人に1人は内定がない!ということですね。

大学生が多すぎるから。。。ってのもあるでしょうけど、
強烈な時代です。。。いよいよです、、、。

posted by 就職エージェント熊沢 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。