2009年04月09日

好きになれん・・・就職人気企業ランキング。。。

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。


<就職人気企業、JR東海が初の首位 トヨタは急落96位>だそうです。

 リクルートは8日、来年3月に卒業予定の大学生を対象にした
就職志望企業ランキングを発表した。JR東海が初の1位になるなど、
不況の影響を受けにくい鉄道、電力、通信などのインフラ関連企業が
順位を上げた。一方、業績悪化が顕著な電機・自動車メーカーは
軒並み後退。前年6位のトヨタ自動車は96位まで落ち込むなど、
学生の安定志向が強まっている。

 安定的な人気があるのは金融業界で、
3大メガバンクを含む銀行・損保計5社が10位以内に入った。
電機ではパナソニックが15位に踏みとどまったものの、
いずれも前年は20位以内だった日立製作所が26位、
ソニーが29位、シャープが55位、キヤノンが77位と
落ち込みが目立つ。

 リクナビの岡崎仁美編集長は
「景気に左右されにくく採用人数も減らさないインフラ系の人気には、
景気後退で就職環境が急変した学生たちの強い不安や危機感が
見てとれる」と話す。調査は1月末〜2月中旬にかけて
インターネットで実施し、約7千人から回答を得た。



私はこのランキングが昔から嫌いです。ちっ(怒った顔)

だって、学生さん目線では、みんなの動向は関係ないじゃないですか。
自分の人生ですよ・・・。人気のところ行っても「安全」なわけじゃないのに、
少なからず、安全かと思ってしまわないですかね・・・、
このランキングの存在の弊害ですね。

人気が高いところを受けに行ったら落ちる可能性が高いし、
もしかしたら、人気が高いところの内定をもってたら、
合コンで持てるかもしれないですけど、
売上も一円も上げてない未貢献の内定者がモテテモネ〜。

ない・・・ないですね〜。やはり、ただのミーハー主義ですよ。

あ。。。わかりました。私、ミーハーが嫌いなんです。男も女も。
大学が水道橋ですが、Bzやスマップのドームコンサートの時に、いつも、
「駅の階段にガソリン撒くか、火炎瓶か、白山通りを封鎖するぞ!」
と、思っていました・・・ってことはないですけど、
冗談で、笑い話ぐらいはしましたよ。「アホっぽいね・・・」と。

勿論、私の今の仕事的には
「あー、学生さんの感性ってこうなのね。」というのは、
参考になります。リクルートさんには感謝しますし、
ありがたいですが、非常に参考になる!とは口が裂けても。。。

「学生の調査期間の前に、採用担当が沢山メール書くとか、
ブログを見やすくしておくとか、説明会多くするとか、やれば、
ランキングがあがりますから、テクニックですよ。
結局、それで一ケタ台まで行きましたね〜。わーい(嬉しい顔)


なんて話をしてた人気企業の人事の人も知ってますし・・・。

おどらせる側と、おどる側の「アホっぽいランキング」ですね。

トヨタの人気が90番以上落っこちるなんて、、、
日本という社会への冒涜とすら思えてしまいます。。。
メーカーという業界全体の復権への光明を探り、人生を背負って
必死にやってるとおもいますよ。。。トヨタの現場社員も、人事も。

その汗を馬鹿にしているような気がしてならないです。。。


は〜、どうせ皆で、こぞって見るランキングなら、
こう言うデータの方が現実的で面白いのではないかと。。。

↓初任給よりも大切な25・30・35歳賃金――賃金格差をランキング

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090409-00000001-toyo-bus_all

刺激が・・・強すぎますかね。。。




posted by 就職エージェント熊沢 at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

狙われる学生!


こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

ふるさとネット事務局から、共有メールが来ました。
毎年毎年、なぜ学生さんに被害を与える会社が出てくるのでしょうね。

・自分が得する甘い話には乗らない!
 (社会人ってのは相手のメリットを考えて行動する人のことです。)

・個人情報は自分の傷口だと認識して人には見せない!
 (特に、名刺に住所を書いている女子は要注意!!!)



以下、ご参考までに。
東京都庁・生活文化スポーツ局発信の、報道発表資料(昨日付け発信)です。

■緊急消費者被害情報
狙われる学生!
就職に有利」「就職活動に役立つ」をうたい文句にする、
高額な英会話教室や精神修養講座に注意!

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/03/20j3q400.htm
▲スクロールすると下部に具体的な相談事例あります。
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

正社員採用「なし」全国企業の46%

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

むー、小沢民主党代表のニュースが薄くかすみます・・・ね。

(-。-)y-゜゜゜






正社員採用「なし」全国企業の46% 21年度雇用
3月4日23時29分配信


 民間調査機関の帝国データバンクが4日に発表した平成21年度の
雇用に関する企業意識調査によると、新卒・中途を含めた正社員の
「採用予定はなし」と回答した企業が
ほぼ半数の45・9%(前年度比15・5ポイント増)に達した。
逆に「増加する」と答えた企業は11・2%で、
前年度の調査から約10ポイント低下した。
いずれも17年の調査開始以来、最悪だった。
景気後退による業績悪化で、雇用に関する企業マインドの冷え込みが
浮き彫りとなった。

 調査は2月18〜28日に全国2万451社を対象に実施、
 有効回答率は52・1%だった。

 「採用予定はなし」の回答企業を業種別でみると、
不動産が約20ポイント増の59・6%と際立った。
回答企業からは「業績見通しが立たない段階での新規採用は考えられない」
(鉄鋼・同加工品卸、東京都)などの声が目立った。

 「増加する」と回答した企業を地域別でみると、
東北が8・7%と最も低く、
九州(13・1%)や北関東(12・2%)で割合が高かったが、
地域間格差は小さく全国的な抑制傾向が判明した。

 仕事を分かち合い雇用を守る「ワークシェアリング」については、
導入予定を含めて「取り組みあり」とした企業は計9・1%だった。
業種別では「製造業」や「運輸・倉庫」が高かった。
導入効果については、社会的責任や人材流出防止の回答が多かった。



さ!たくさん落ちる時期になりましねー。

さっき、「15社連続でエントリーシートに落ちた!」
という学生さんの生声を聞きました。
そんなもん。笑い飛ばして下さい。


キャリア発達や職業選択は、
好奇心をもって、
持続力をもって、
柔軟性をもって、
楽観性をもって、
冒険心をもって、
(奥義 コジジイラボです。頭文字。小爺LAB)

です!
posted by 就職エージェント熊沢 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

“ゆとり教育”の中で育ってきた内定者の特徴

こんばんは。
就職エージェントの熊沢です。

今日、社内に回ったとある研修会社さんのプレスリリースが
おもしろかったので載せてみます。

プレスリリース 2008年08月18日
アルー株式会社 代表取締役兼CEO 落合文四郎

「'09新入社員 “ゆとり世代”の傾向」意識調査の結果発表について

この度、来年度の新入社員育成について考えるために、
アルー株式会社(代表取締役兼CEO:落合文四郎、東京都渋谷区)は、
2009年4月入社予定の内定者である大学生・大学院生310名
(男性155名、女性155名)を対象に意識調査を実施しました。

調査結果 概要
2009年4月入社予定である内定者の意識調査結果から、
“ゆとり教育”の中で育ってきた内定者の特徴が明らかとなりました。

集団行動よりも単独行動を好む内定者が過半数を超えており、
集団の中では1位ではないが上位にいることで満足する人が多く見られました。
また、内定者の9割以上が携帯メールをコミュニケーションツールとしている一方で、
ビジネス文書のような文章力や論理的思考力が求められるものに
対しては、苦手意識を感じている人が多いことが明らかとなりました。

さらに、これまで周囲と比較される経験が少なかったため、
本人の認識と周囲からの評価にはギャップが生じている可能性も
うかがえました。全般的にコミュニケーションに対する苦手意識が
見られ、企業の選択基準においても、安定した企業というだけではなく、
入社後の人間関係も意識している面が見受けられました。
上司・先輩に対しては、愛情ある厳しい指導よりも、
優しく手厚いサポートを求めているようでした。

こうした“ゆとり世代”の彼らの育成においては、まず組織という
集団に対する意識を高め、一人ではなく周囲・相手を意識した
コミュニケーションを身につけることが必要不可欠となります。
また、彼らが求めているような手厚いサポートだけではなく、
与えられることに慣れてしまっている彼ら自身の成長意欲を
引き出すことが鍵となるのではないでしょうか。



なるほど・・・深いですね。
実は、この会社の2年目の女性と週末お酒を御一緒しました。

アルー飲み.gif

いやいや、残念ながら2人きりではなく3人♪
この会社の役員の方が、大学時代の友人なので、
その結婚式の打ち合わせに、この女性も同席されたわけです。

ちなみに、C-SQUAREで就職エージェントが就活セミナーを始めた時の
2007年度卒の就活生がその女性。(写真にうっすら。)
就職エージェントの3年生用のセミナーのリピーターの中で、
10回以上参加をした学生さんを勝手に私はフタケターズと呼びますが、
彼女は、その中でもクイーンの称号を持つチャンピオンでした。

自分の足りない面を見つめて成長させるセンスが高かったのでしょう。
研修を生業にしている会社に進まれ、2年目で活躍している日々の話を、
久し振りのお酒とともに聞きました。


そんな世界観を持っている彼女に、聞いてみました・・・

「就職エージェントを使って就活をする学生さんを人事は、
どう見るんだろか・・・新入社員研修を手掛ける視点でどう思う?」


と。

彼女から鋭い答えが返ってきました。

「どんな新入社員が成長し、伸びるかと言うと、
 『人の意見を聞き入れて、自分の足りない面を認め、聞きいれて、
 そこから、何くそ!と頑張れる子ですよね・・・
 成績が優秀な子ばかりを採用したところでタカが知れてますよ。

 就職エージェントのシステムは、一言でいえば、入社前から、
 その人の意見を聞きいれて、自分を成長させるシステムですよ。
 ゆとり世代が上がってくるからこそ、必要なシステムですよ。きっと。」


いやー、驚きました。
彼女の成長と、その視点に驚きました。


そして感謝をしました。


就職エージェント。。。まだ前にでます!




posted by 就職エージェント熊沢 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

今度は日経産業新聞に。

こんにちは。

就職エージェントの熊沢です。

すっかり、日焼けも赤色が落ちてきて、黒さが定着してきました。
まだ、ちょっとヒリヒリしますが。。。綺麗に焼けたかと。

さて、先日の朝日新聞に引き続き、今度は日経産業新聞に載りました。
一昨日でしょうか??(クリックすると読めます。)

産業新聞.gif

なんだか、30人程度の会社なのに、
あっちに載せて頂いたり、こっちに載せて頂いたり、
こちらは広告宣伝費が抑えられて効果が高いので、
非常にありがたいですが、身が引き締まる思いですね。

1人単価の紹介事業だけでなく、いろいろなバリエーションを持って、
商品を企画していけるのも、ベンチャー企業の特性ですね。

売れるようなものを作れば良いですし、
売れなかったら止めれば良いんですし。
売れるまでやる!って意地を、持って臨むのも一つですしね。

就職エージェントさらなる飛躍を目指します!

。。。と、意気込んで、野球応援中にサボッた仕事を、
金曜の夜に片っぱしからやっつけてやる!!と覚悟をきめて、
LILYの原稿お願いします!」というメールに、
おら!今日は死ぬまで仕事するぜ!!!と気合を入れ、
原稿系2本 セミナー系1本を倒すべく!
(あと、明日の結婚式司会の事前トーク&運営準備も!)

「とにかく!まずは腹ごしらえだ!!!」と、
社内のカップラーメンを買ったら、、、
箸が意に反する感じで割れました。。。

ったく、からまわるなァ。。

はしが。。。.gif

でも、負けないですよー。仕事するぞー!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

就職エージェントが朝日新聞の記事に。

こんばんは。
就職エージェントの熊沢です。

流石に、、、就活ブログの気配がなさすぎるので、
今日は、一休みとして、就職関連の朝日新聞の記事を。。。
(ぼやけてますが、クリックすると読めますよ。)

朝日新聞.gif

2008年7月19日(土)の朝日新聞の夕刊8面
「就職用語の基礎知識」という記事に
就職エージェントのことが掲載されています!ページを捲った瞬間、
「ん?なんか見たことがある風景だなー?」と思い、
よくよく本文に目を通すと、なんと「就職エージェント」の文字が!!!


というメールを学生さんから頂いて、気づきました。
取材を受けたことすら、社内では忘れ去られていました。笑

また、何かの取材を受けて誌面に載ったら自慢ブログ書きます。

では!

野球じゃ、野球じゃ!



posted by 就職エージェント熊沢 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

『新入社員に求めたい力』

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、ショートカットセミナーですので、朝から「挨拶!」「あいさつ!」言っております。

挨拶挨拶.gif

本当に感じます。この挨拶の大切さは。。。
ショートカットセミナーは人事の方々を学生の皆さんに、
直接的に紹介する会なので、皆さんのパフォーマンスで足りないところ、
人事が違和感を感じているところが、私の目からは丸見えなんです。


お昼休みに、yahoo!のTOPページをプラプラ見ていたら、
『新入社員に求めたい力』というのが出てました。

こんなところに就職活動の答えが!!。。。と驚きました。勿論、
新入社員に期待することと、就活生に期待するものが同じとは言いませんが、


「就活生に期待するもの」
  −「新入社員に期待するもの」= そんなにない(能力ぐらいか。。)と思います。

たしかに、能力ってのも、重要なコンテンツの一つでしょう。

(ま、そうは言っても、
新卒はポテンシャル採用ですから、適性試験や学歴とか地頭とかで、
「能力」は測るしかないんですし、そこが足りなければ仕方ないです。
能力が低いと判断されても人間を否定されたわけでもないですし、
能力が高い人だけが幸せな人生を送るわけではないのは、
大抵の小説やドラマで描かれているので真理です。絶対ではないですが。)

今日、お話したいのは、そこじゃなくて、その能力で差がつく以前に、
この『新入社員に求めたい力』が出来て無かったら、話にならないってところです。

よく人事が求めることに「コミュニケーション能力」ってのが挙げられます。

「私はコミュニケーション能力があります!」って自己PRも、オオハヤリです。
(そう言う人に限って、「挨拶」が出来ないことが良くありますけど・・・)

じゃ、コミュニケーション能力って何か?って言うと、
「え?あ・・・会話力ですかね。。。」と程度の認識しかない人がいます。
就職活動で使われるコミュニケーション能力とは簡単に言うと、
価値観の違う人と意思疎通ができる能力
だと私は思っています。

ざっくり言うと。。。ですけど。

で、その価値観の違う人との意思疎通の第一ステップが「挨拶」ってわけです。
だから、挨拶力が必要なんですね。

A080409 H打ち上げ.gif
(私が行っている週末の学校の飲み会。年代も文化もバラバラ。。。
それでも楽しくやる!これ、社会人・・・。笑 
コツは一言。「お疲れ様です!」と大きな声で言うこと。これだけ。)

道端で陽気な人に声をかけられたとして、
その人がアメリカ人か、イギリス人か、オーストラリア人か、
はたまた中国人かわからなくても、「ハロー!」って言われたら、
「oh!ハロー」って言う能力がないと、意思疎通なんか始まらんでしょ♪
それをしたら、実はその陽気な人が関西人だったってことに気付くわけです。

社会人は挨拶をしまくりますので、とにかく、笑って声を返してみることです。

ってことですね。挨拶。。。大切です。
就活では余分にやるぐらいで良いですよ。
クドイくらいに自己紹介して、クドイくらいにお礼を言いましょう。

余分に挨拶をしたから落とされる!ってことはなくても、
挨拶できないから落とされる!ってことはありますよ。


心に刻んでください。挨拶・・・命をかけるべし!
posted by 就職エージェント熊沢 at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

内定報告第一号! 09年卒学生27%が内々定

09年卒学生の就職活動、27%が内々定・3月末、昨年より上昇

 毎日コミュニケーションズは10日、
2009年卒業予定の学生を対象とした就職活動に関する調査結果を発表した。
3月末時点で内々定をもらったと回答した割合は27.8%と前年同時期の調査より3.2ポイント上昇した。
景気は減速しているものの、
企業の採用意欲は旺盛で、学生にとっての就職状況は依然として
「売り手市場」になっているようだ。

 内々定を受けた割合は理系男子が39.4%で文系男子の23.7%を上回った。
文系女子は18.8%にとどまった。前年の同時期と比べた内々定割合はいずれも1―4ポイント程度上回った。  
調査は3月28日から4月1日かけてインターネットで実施。
1315人の大学3年生と大学院1年生が回答した。



なるほど。。。売り手市場もここまで来ましたね。。。

でも、追加の記事で「内定出ても就活を続ける人がほとんど。」
なんてもの見ました。

内定が出ようが出まいが、悩む量は一緒です。
必死に悩んで悩んで悩み倒して、結論を出して下さい。

そして、それを出したら後は、「ふるすまいる!」で、
報告に来てください。

今日、報告に来てくれた学生さんの「ふるすまいる」です。

内定報告ぴーす.gif

いつになっても良いですから、報告を、、、まってますよー。




posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

武蔵工業大「東京都市大」に改称へ

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

少子化の波は、間違いなくヒタヒタと近づいてきています。
都内の建築法が改正され、大学がごぞって都内に大きなビルを立てていますね。

郊外にある「一年生の間だけ・・・」というキャンパスは姿を消すでしょう。

学生の学び舎がコジンマリしていくのは、なんだか、ちょっと寂しいです。



武蔵工業大「東京都市大」に改称へ
2008年03月15日19時31分

 学校法人五島育英会は14日、
経営する武蔵工業大学(世田谷区)と東横学園女子短期大学(同)を統合する09年4月に、
傘下の幼稚園から大学までの8校すべてに「東京都市大学」の名称を付ける、と発表した。

 統合後の武蔵工大を東京都市大に変えるほか、
東横学園中学・高校(同)を東京都市大学等々力中学・高校、
長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高校を東京都市大学塩尻高校などと変える。
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

高校時代の友人が落語家をやっています。

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は友人が昇進をしたので、お祝でニュースにしてみます。

高校時代の友人が落語家をやっています。
先日までは、三遊亭楽花生と言う名前でした。

楽しい花が生きると書いて、楽花生!!

と言っていたのが、


花が落ちました。。。

楽しく生きていきます。


と、言うことで三遊亭楽生になりました。

とのこと、、、真打ちになりました。いや、メデタイ。

高校卒業して8年やって、やっと真打ち、、、。
ま、落語家の世界も甘くないですね。

久々に公の場に姿を見せた円楽師匠が一言。
「どう自己を出すかが大切なこと。。。自信を持ってやってほしい」


就職活動と一緒ですね。
どんな世界で生きるにしても、自己を出さねばいかんわけです。

皆さんも遠慮せず、ドシドシ自分を出していきましょうね。
何社落とされても、ナニクソ!と自分を出していきましょう!

自分出さなきゃ、通るものも通らんですよ。




ちなみに、この彼。高校時代は生徒会長でした。
そして、私は、応援団長した。(不良じゃないよ。真面目な感じ。)

どれだけ、自分を出せるか?は、
当時から自分自身との勝負していたのかもしれません。

今も走り続けている彼の人生に乾杯!


(私、、、どれでしょう。。。)
八幡神社.gif









posted by 就職エージェント熊沢 at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

「何か最後に言いたい事はありますか?」

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

最近、殺人事件が後を絶ちませんね・・・
今度は楽しい場所であるスポーツクラブで銃乱射事件ですか。。。

聞くにも、見るにも、堪えないです。。。
社会を支えていく若者がドンドン命を落とします。

実は、私、この会社に内定を持ってました。
記者会見をした社長の方とも最終面接でお話をしたのを覚えています。

当時、地方自治論を選考していた私は、最終面接で、
「何か最後に言いたい事はありますか?」と
聞かれて、一番に手を上げました。そして、
体育会系学生達が、全国屈指の成績をアピールして行く中、
(オリンピック候補選手が一杯いた気がします。。。)
その筋肉隆々の学生達に囲まれても臆せず、

「スポーツクラブは、公民館の役割を果たし、
地域社会に暖かさを取り戻す役目を果たすべきだ!
小学生がスイミングスクールに通い、その横を、
運動に来る高齢者が歩く施設なら、必ず出来るはずだ!
たまには高齢者が小学生を怒鳴りつけるぐらいで丁度良いんだ!
でないと、小学生が犠牲になるような地域が凍る事件が起きるんだ!」


と、プレゼンしました。
酒鬼薔薇という凄惨な事件が起きたばかりでしたからね。。。

社長室の面接会場が、
「え?何言ってんのコイツ・・・」
という空気になるなか。。。

私は、「ふん!内定くれなくても別にイイぞ!俺は間違ってねー」と、
胸を張って会場を後にしました。

帰宅途中に電話が鳴り、
「熊沢さんが一番の内定です。」と、
人事が言われた時は嬉しかったのを覚えています。

結局、内定をお断りしましたが、
この社長の心の豊かさと、その奥にある熱意に感動しました。


社長にとって、社員は宝ものですよね。
皆さんが入社をする時に、会社によっては、
御両親に電話をかけたり、手紙を書いて、
「お子様をお預かりします」と頭を下げる社長様も珍しくないです。

きっと、そんなヤリトリがあったのだと思います。

学生が社員になる瞬間は、想いと想いがぶつかる瞬間です。
その力が会社になり、社会になり、国になり、時代になっていくんです。

それを途中で断つような事件の数々、
一つでも減ってくれることを願ってやみません。

被害者の方々のご冥福をお祈りします。





posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

大学3年囲い込み過熱・セミナー様変わり、業界研究や就活指南

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

気になるニュースを見つけました。

<日経新聞 12月8日の紙面から>

主に大学3年生を対象にした企業の冬の新卒採用セミナーが様変わりしている。
売り手市場が続く中、各社の人事部が業界研究や就職活動のノウハウを指南するなど
「第二の就職課」の役割を強調し、自社に学生を誘導しようとしている。
ミクシィや住友信託銀行が今年に初めて開くほか、
昨年から始めたローソンは開催を1カ月前倒しするなど、
2009年春をにらんだ3年生の争奪戦は早くも過熱気味だ。 
ミクシィは15日、仕事の選び方などを教える「スクール」を初めて開校する。
博報堂の元人事担当者や笠原健治社長らが講演し、
若くして社会で活躍するためのキャリア選択を助言する。



んー、就職エージェントは3年前から、
ブラッシュアップセミナーをやっているのに・・・
まったく取材されず。。。

ちょっとスネそうです。

とりあえず、最近の学生さんはここまで優しくして上げないと、
動けないもんかね〜と人事の呟きが聞こえてきそうな記事でした。

さてさて。
posted by 就職エージェント熊沢 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

時事問題対策になるサイトの御紹介

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、時事問題対策になるサイトの御紹介です。

「日経就活サクセスweb」が、今日、オープンしました。
いつも、すごくお世話になっている日経新聞社の方から、
御依頼を頂いて、各コラムニストの方には大変僭越ですが、
ひとコーナー頂いております。

サクセスWEB.gif


いくつかの筆記試験対策のセミナーではお話しておりますが、
時事問題対策は11月12月の今が勝負です。

理由は、2月〜に行われて行く各社の本番の筆記試験で、
題材となる時事ニュースは、4月5月のニュースというよりは、
今年一杯(ギリギリ1月まで)のニュースから出ると思われるからです。

人事もヒマじゃないです。
ギリギリまで問題を作らないなんてことはないと思います。
しかも、校正して、チェックして、印刷会社に依頼して、、、
なんてことをやっていたら、1ヶ月前に問題を拾っている場合じゃないんです。

ですから、今から出てくるニュース番組の
「今年の重要ニュース!」と言った番組は必死にみることと、
「日経就活サクセスweb」と言った様な、誰かがまとめたものを見て、
そのニュースを見る目を育てておいて下さい。


でないと、面接で咄嗟に、
「気になるニュースはなんですか?」と聞かれても、
なんだか、自分の人生には関係のないニュースを適当に答えてしまいます。
人事が知りたいのは、アナタがそのニュースを知っているか?
新聞を読んでいるか?ではありません。
そのニュースを受けて、アナタがどう考えて、どう言う噛み砕いて、
自分の人生にFBしたか?ですよ。


春の声が聞こえてから、慌てて一夜漬けしてもどうにかなる問題じゃないんです。


それでも、どうしても心配な人は、日経さんと協力して、
C-SQUAREで、時事対策セミナーもやります。
積極的に参加して、世の中に対する感覚を身につけましょう。

ちなみに、内定が出た後の4年生も、
「どーせ、そろそろ入社だし、日経新聞でも読み始めるかな〜」
という人なら、参加しても良いですよ。

去年の様子。↓

0209k_blog画像_1.gif0209k_blog画像_2.gif

就職AGENTの"体感ワークセミナー"時事ニュースに強くなる!日経新聞読み方講座

ちなみに、もう定員の半分は申し込んで貰いましたので、
締めきる日も近いですよ・・・行動あるのみ!就職活動!!








posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

今日の日経新聞 第二部を見てください。

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

売り手市場は本当?

「就職戦線どう乗り切る!!」


もの凄いタイトルで、新卒就職広告特集が、世の中に配られました。
勿論、中記事に入っている企業がお金を出して、
イメージアップをするためにこの紙面は組まれております。

が!

さすが、日経新聞ですね。
この紙面に書かれていたことの素晴らしいこと、素晴らしいこと。
家に日経を取っている人は、お父様でもお母様でもに、
すぐに、「ねー!6日の日経ある!!」と聞いて下さい。

2極化が進む!って記事が踊っております。
1年間活動しても内定先がきまらない。。。
そんな学生が、チラホラ見えてきます、、、、
と書いてあります。

素晴らしい警告!これこそ、マスコミのあるべき姿です。

なーんか内定が取れそうな気がする、そんな空気がながれている。。。

でも、人気企業は採用数を2倍3倍に上げているわけではない。

みんな受けて、みんな落ちる会社ってのは変わらないから、、、

落ちるわけです。

みんな落ちた時に気付くわけです。。

「あ・・・あたし、、、落ちるんだ・・・」と。

いーですか、断言しておきます。

落ちますよ。

ずばずば落ちると断言しておきます。えー落ちますとも。

理由は明確。再度再度ですが、2点。

・売り手市場だから、俺も受かるかも、、、と人気企業を受ける人が増える。

・皆、大丈夫そうだから就活しなくても良いや・・・と対策をしてない。


こりゃー、落ちます。

おそらく、09卒の皆さんは、2月3月4月と、自分が落ち始めて、
一気にビックリするでしょう、そして大混乱になるとおもいます。

大混乱の中で自分を失って考え直すことになります。
ま、考えなおせるなら、運が良いです。ついてます。ラッキー。
就職エージェントは幾らでも付き合いますから。

ただし、良く分からないうちに、良く分からない会社に内定が出て、
良く分かっていない新入社員が増えたら、、、悲劇は起こりますね。

そんな悲劇のど真ん中に入ってしまう可能性が、自分にはある!
ということを、まず自覚することです。

上を(車内広告)みて、自分の事じゃない気がするように、
「ほわ〜」っと「日本大変だね・・・」と言うサラリーマンにならずに、

売り手市場の2極化!アナタのことですよ!

下を(足元を)みて、一歩一歩成長して行きましょうね。
posted by 就職エージェント熊沢 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

就活の女子大生にわいせつ行為 元銀行員に実刑判決

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、衝撃的なニュースが飛び込んできたので、
女子学生の皆さんにアラート(危険信号)として紹介しておきます。

就活の女子大生にわいせつ行為 元銀行員に実刑判決

です。これ、実は、去年の事件です。判決が出たのが昨日です。

「ありえない・・・」ですね。

毎日、学生さんと接している私としては、
「読むに堪えない・・・」というのが感想です。

「執行猶予」なしで、「実刑」というのは、
即時に刑に処するってことで、罰としては重いことです。

「見せしめ」の要素もありますね。

ここまで酷くなくても、類似事件が沢山あるということでしょう。

執行猶予(しっこうゆうよ)とは、
罪を犯して判決で刑を言い渡された者が、
その執行を条件付きで受けなくなる制度である。

実刑とは、刑の執行猶予が付されていない有罪の判決。
確定すれば,懲役禁錮の場合は,刑務所に入ることになり,
罰金の場合は罰金を納めることになる。


とっても残念な事件です。

ただ、認識しなくてはいけないのは、
「こう言う事件も世の中にある!」ということです。

就職活動期は、一気に世界が広がります。
見たことのない常識の人とコミュニケーションをして行かねばなりません。

だからこそ、自己責任で自己防衛をしましょう。
社会人としての自己防衛基準をマスターしていきましょう。

MIXIや就活名刺には、絶対に自分の住所を記入しない。

社会人の人達の名刺に携帯電話が書いてありますが、
それは、会社から支給されたもので自分のものではありません・・・。
マネしなくても良いんですよ。

個人情報が徹底されている会社であると、
社内でも自宅がどこかわからないようになっています。
例えば、私は隣に座っている課長の住所をしりません。
知ろうと思っても、本人以外は総務課は絶対に教えてくれません。
個人情報ってそういうモノです。

初対面の人とのお酒の席では、酔っ払わない!食前酒程度にする!

社会人は、基本的には仕事上でお酒を飲んでも初対面の人とは飲みに行きません。
会合やパーティで飲みながら、名刺交換をすることがあっても、酔っ払いはしません。

それから、大きな勘違いがあるかもしれませんが、、、
相手を人事や社会人(目上の人)だとした場合、
相手が飲んでいて、自分が飲んでいないのは失礼ではありません。
逆に、相手が飲んでいないのに、自分が飲んでいるのは失礼です。




もし、社会人の人たちが仕事で飲みに行くのに近い状態を、
皆さんが就活として飲みに行くことで表現すると、、、

そうですね、、
社会人の人たちが、他社の人と泥酔することがあるとすれば、、、
それは、、、とてつもない大きな仕事を終えたときです。

皆さんが社会人の人と泥酔して良い機会があるとすれば、
内定を取って承諾をした内定式か、入社を決めた後の入社式です。
その席なら、人事と泥酔しても良いです。

それまでは仮に人事と飲みに行っても、泥酔してはいけません。

最終面接の最後の最後に社長と、
「腹割って話すしますか!」という状態になったとしても、
本当に社長に対して内定承諾をする前は、
腹を割っても良いですけど、泥酔してはいけません。
泥酔した状態での内定宣言と内定承諾には意味は本質的にありません。


人事以外の人と飲みに行くのはプライベートです。
OB・OG訪問も社会人からしたらプライベートですよ。

お酒を飲まないと本音を言わない社員がいる会社には、行かなくて良いです。
素晴らしい自覚のある社会人は、もっと堂々としています。
会社の悪い面も、良い面も、本音も、お酒抜きで話してくれますよ。


そんな社会人になりましょう。





















posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

リーダーとは何か?

こんばんは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

首相辞任。

夕方、営業から帰ってきた新入社員が、
「号外ですよ〜」
と、新聞をもって会社に入ってきて、社内はどよめきました。

今日、iGoogleを整備して見やすくなった私のブラウザに、
次々に踊ったのは、強烈な時代の切れ目のニュースでした。

「お疲れ様でした」
まず、そう思いました。ここ数日の国会のやり取りを見ていて、
何とも言えない気持ちになっていた私は何故か心が一杯になりました。

安倍首相.gif

普段は人材ビジネス系のニュースやその日の日経が飾られる棚に、
号外が飾られました。(左上は当社の社長が新聞に出た記事。)

会議や外出から戻ってくる社員達が、この棚をみて、
「うお!辞任!」と驚き、その前で立ち止まります。

中学校で政治経済を勉強してから何度も何度も
(正確には9人)の辞任をニュースで聞いてきましたが、
いつも思うのは、「リーダーとは何か?」です。

責任を取り辞任・・・。

これがこの国の正しいとされる文化です。

「大きなミスをしたら辞める。昔なら腹を切って死ぬ。」
本質的な責任の所在をうやむやにすることで逆に、
集団としてその責任を受け、前に進むわけです。

きっと他民族に追われても、敗戦しても、
責任を明確にせず、逃げて逃げて、
この島国・列島に辿りついた民族が編み出した、
最強の「あやふや・玉虫色戦略」なんでしょう。

であればこそ、
責任の所在を一人の辞任であやふやにするならばこそ、
その後に、この国の集団はどこに逃げて、
どこに明日を求めて進むのか、
これは全員が共有しなくてはならないことなのだと思います。

今回の件も、日本という集団に属する我々一人一人が、
重く受け止めて、明日をどこに置いて進むのか、
しっかり考えなければ、彼の辞任は意味がないと言うことになります。
彼一人が辞任をして万事解決というわけではないし、
次のリーダーが指し示す未来をしっかり理解し、
そこに耳を傾けるのが我々の責任だと思います。
でないと、マンモスか他民族かに、我々は駆逐されてしまいます。

どんなリーダーが求められるのか。

それは、常に時代によるでしょうけど、
そのリーダーについて行くと覚悟をしたメンバーが、
どのくらい責任感を感じて進むか。。。も、重要だと思います。

安倍総理が辞任しようが、しまいが、
21世紀を創っていくのが我々であることには、
何も変わりはないのですから。。。













posted by 就職エージェント熊沢 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。